「鏡の法則」という書籍をご存知ですか。10年以上前に出版されています。

主人公は息子のいじめで悩む主婦です。彼女はコンサルタントから「鏡の法則」というゴールデンルールを教えを受けて実践します。

 

その結果、息子の悩みを解決し、自身も長年ゆるせなかった父親と劇的な和解をします。

 

そして、その過程で幸せな人生を実現するための、最も重要な秘訣を手に入れます。

 

心理学では、人の内面に作用し、全て自分に起こることを現すものが、この鏡の法則にあると言われてます。

 

引き寄せの法則の定義や考え方と比較すると、共通し納得する部分と、そうではない部分があります。

 

鏡の法則は、自分の人生の心の中を映し出すという法則なので、「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」という考え方です。

 

別名【ミラーの法則】とも呼ばれてます。

 

自分の周りにいる人達、自分の起こる出来事は、すべて自分を映し出す”投影”という心理学用語もあるようです。

 

そして、こちら「原因と結果の法則(自己啓発)」が、鏡の法則の基になっています。

人生で起こるどんな問題も、大切な何かを気づかせてくれるという内容です。

全ての原因は100%自分にある?

 つまり、すべてのことは、偶然起こるのではなく、起こるべくして起こるということです。

 

それと同時に、自分解決できない問題は、自分に決して起こらないといわれます。

 

この教えは、引き寄せの法則の考え方とも同じです。

 

「奇跡のリンゴ」という書籍。引き寄せの法則が普遍の法則だと実感しますよ。

>奇跡のリンゴ|引き寄せで起きる奇跡の超越ストーリー

 

だだ、自分にとって悪い出来事、例えば事故に関しては、どーしても納得出来ないことがある。

 

例えば、突然、山からの落石で命を落としたとする。この出来事にどんな原因が自分にあるのか。

 

病気は不摂生や遺伝的要因が強かったりするから理解できても、落石で命を落とすって「運」として受け入れるしかないから。

 

変えられるのは自分だけという真実

冒頭の鏡の法則は、私たちの人生の心の中を映し出すという法則なので、「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」という考え方。

 

こちらを例えると、鏡を見た時に髪が乱れていたとします。でも、鏡の中に手を入れ髪を整えることはできません。

 

髪を整えるのは自身の髪。それなのに実際は、鏡の中の髪を整えようと頑張る人が多いのです。

 

人間関係の悩みは尽きませんが、殆どの人は相手をどうにかしたいと考えがち。

 

自分の人生の出来事・出会う人達は自分を映し出している鏡です。

 

引き寄せの法則の「類は友を呼ぶ考え方」「引き寄せは自分にしか作用しない」という教えと同じ。

 

>引き寄せの法則「類は友を呼ぶ」この現象はなぜ起きるか

 

人は変えられない自分を変えるしかない。鏡の中は変えられないからね。

 

相手を変えたかったら、自分自身を見つめ直して問題を改善させるしかないみたいです。

 

この世界は、鏡のような構造

あなたが他人に行ったことは、すべてその人か他の人から、そっくりそのまま自分自身に返ってきます。

 

また、あなたの心の中(内面世界)で起こったことは、遅かれ早かれ現実化してきます。

 

他にも色々な表現があります。

 

原因と結果の法則、因果の法則、因果応報、自分で蒔いた種は自分で刈り取らなければならない、など。

 

すべて同じ法則です。

 

どんなに時代が移り変わっても、変わらない普遍の法則。幸の根本は普遍です。

 

>引き寄せの法則が分かる書籍

>叶えたいことを叶える、たった1つのコツをまとめた教材