「類は友を呼ぶ」とは、似たもの同士が引き寄せ合うこと。

 

人は誰でも、その時々で自分のレベルに合った人に引かれ、共感して引き寄せ合うものです。

 

(この”引かれ”は、引き寄せ合う、引っ張り合うということ)

 

これは、けして人だけの話ではありません。

 

モノでも出来事でも環境でも、全て同じ波長や似た波長、似たもの同士は引き寄せ合うのです。

 

人間世界に置き換えて考えると単純。

 

例えばこんな感じ。

 

同じマンションの同じ間取りに住む隣人同士は似ている。

 

(この場所をこの住まいを選んだ理由、賃料、収入、条件、生活圏、同じ時期に同じ場所に住む偶然、有形無形問わずさまざまなことが一致し類似しているということです)

 

同じ大学の同じ学部には、同じレベルの偏差値で、似た考えを持った学生が集まっている。

 

これと同じ様なことが、見えないエネルギーの世界でも起きるのです。

 

人と人とが引かれ合うのと同じように、見えない世界でも同じような波長の仕組みが存在する。

 

これが引き寄せの法則です。

 

波長の合うモノ同士が引かれ合い、似たエネルギー同士は繋がります。

 

そう考えれば、あなたの周りにあるもの全てが、あなたの波長に合ったものなのです。

 

認めたくないこともあるでしょう。

 

ただ、意識として認める認めないではなく、もっと深遠な繋がりや意味があり、無意識に選別されているのです。

 

人間の知る能力の外側では、不思議なことが起きているようです。

 

一致する波長は全て引き寄せあう

 

良いことで波長が合うのは嬉しいですが、悪いことや嫌なこと、残念なことにも波長があり、あなたと一致してしまう時もある。

 

「悪いことが続く」「最近、運が悪い」などは、良くないことが連鎖して起きた時に嘆く言葉。

 

悪い波長と一致し、引き寄せ合ってしまった1つの結果。

 

でも安心して、連鎖には終わりが来ます。

 

悪い連鎖も良い連鎖も、その都度終わりがあります。

 

この時に大事なことは、あまり一喜一憂しないこと。

 

良い連鎖に喜ぶことはいいけれど、大事なことは、悪い出来事に対して落ち込み過ぎないことです。

 

ただ、これ正直難しい。

 

辛いことや困っていることからは、誰だって早く解決したい脱出したいと願う。

 

気分は落ち食欲や睡眠にも影響し、心身共に疲弊する。

 

何かに頼り、何かに支えられ、何かに背中を押され、自分で区切りを付けるよう少しずつ変わるしかない。

 

気付いていますか?

 

今のあなたも、過去さまざまな悲しみや辛さを乗り越えて来たってこと。

 

今の悲しみや苦しさも、いつしか同じ様に過去の出来事に移り変わって行くのです。