刺激的なタイトルワードたち。

 

勝ち組女とは、男性社会的の中で勝ち抜き、認められた地位がある人。

 

また、もともとの家系がその地位にあったり、結婚する相手がその地位にある人。

 

これが「勝ち組女」の基本だと思うのです。

 

お金と地位と権力を持つ人間は、色眼鏡な表現だけど怖いものなどないのではないだろうか。

 

お金とさまざまな人脈で、何でも可能にしてしまいそうだ。

 

映画の登場人物では「悪」の代表のようにフィーチャーされる。

 

出来たらミステリアスな美女であってほしい。

 

「勝ち組女」って、表現の良い悪いは別として、なれるものならなりたい。

 

誰もが負け組みにはなりたくない。

 

いま頑張っている女性は、これからの明るい未来を信じてると思う。

 

現在、明るくなくても明るい未来の自分像を期待したいはず。

 

勝ち組女はお金がある

 

お金がある=お金持ち。

 

お金があれば、お金で身の回りを快適にすることが出来る。

 

快適さから心にも余裕が生まれ、自然と優雅になれる。

 

勝ち組女=お金持ちになる女=優雅な女

 

1つがあれば、必然的に2つは付いてくる。

 

ただし

 

勝ち組な家庭に生れるのは、きっと前世に人の為に尽力をつくしたり、多くの人の為に自分の生涯を捧げたご褒美ではないか。

 

だって前世で、傍若無人の暴君や無期懲役や死刑になった人が、生まれ変って幸せになるなんてあってはならないし、そんな輪廻転生ありえるはずが無い。

 

本当はどんな因果か分からないけど、こうであると思いたい。

 

ただ、家柄など全く関係なく、むしろ不利な女性という状態でも、自分の手で這い上がり勝ち組の地位を掴む女。

 

そこにあるのは野心だ。

 

絶対にやってやる!という強い向上心なのだ。

 

野心家って言葉自体はネガティブワードぽい。

 

しかし、野心家の抱く目標やサクセスは、きっと脱帽するエネルギーがあるはずです。

 

「凄いなぁ~」ただこう感じるだけで、自分には出来ない。

 

いまの自分の力では勝ち組女にはなれないし、引き寄せることは出来ない。

 

お金持ちになり、勝ち組女になるには

 

優雅な生活って、どんなイメージがありますか。

 

勝ち組女って、30代~50代の強い女性をイメージしませんか?

 

色に例えると赤。

 

でも、優雅な女って、年齢の高い紫色の女性をイメージしませんか?

 

私の勝手なイメージですが、背景は似ていても少し違う。

 

しかし、勝ち組女=お金持ちになる女=優雅な女には、共通して引き寄せたモノがある。

 

それは能力とお金です。

 

お金はただの道具とも言えますが、能力はそのお金を生み出す方法、引き寄せる方法を作り出せる。

 

サクセスの最強の武器。

 

そして、自分でお金を作り出す能力ともう1つ。

 

お金を持っている男性との人脈作りや射止める能力。

 

けして、お金持ち男性と結婚するだけではなく、地位やお金や権力のある男性を踏み台にして向上する能力。

 

「小さな男と結婚するなら、大きな男の愛人がいい」

 

悪女のようなセリフ。

 

野心がなかったら吐けないですよね。

 

野心がある女に同じ女は興味が湧く。

 

自分が出来ないことをしてしまう人や、自分にない刹那的な考えの人に関心を持つ。

 

勝ち組女に自分でなるか。

 

勝ち組男を捕まえる能力を持った女になるか。

 

どちらも凄い。

 

だって、挑むのだから。

 

お勧め記事

引き寄せの法則で運を上げツキやチャンスを引き寄せる

幸運をたくさん呼び込む引き寄せ最強秘法

 

★メルマガ登録はこちら