引き寄せの法則と、同じ分類に扱われるモノやこと。

 

それは、スピリチュアル、占い、超能力です。

 

スピリチュアルとはキリスト教用語で霊的であること、霊魂に関するさま。英語では宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。

 

占いとは様々な方法で人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。

 

超能力とは、通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力のこと。

 

こうWikipediaには書かれていました。

 

スピリチュアルは霊的なこと全般、占いは未来を判断する方法、超能力は人間の持つ特殊能力の1つ。

 

解釈に誤差はあるかも知れませんが、大体こんな感じでしょうか。

 

では、引き寄せの法則はどうでしょうか。

 

文字通りなのですが、法則=ルールです。規則です。

 

日本のルール、世界のルール、宇宙のルール。

 

たくさんあるルールの中の1つ。

 

「因果応報」ということわざがありますよね。

 

良いことをすれば良いこと、悪いことをすれば悪いことが起きる。

 

その結果になるには、その原因があったってことです。

 

このことわざのように、規則があるのが、引き寄せの法則です。

 

こんな法則も発見!

 

「原因と結果の法則」

 

これを唱えている人は、行動は思考の結果であるということ。

 

行動がいまの私達の環境を作っている、私達が体験する現実を作っているのは、元々全てが思考だということ。

 

根底部分は同じ考えですね。

 

共通する部分

 

引き寄せとスピリチュアルと占いと超能力との違いがありますが、共通する部分もあります。

 

証明が難しいということ。

 

答えがファジーなこと。

 

解釈に差異や相違があること。

 

これはきっと永遠に埋められないと思う。

 

占いは、当たらないから信じないと思っても、占いページを見たりする。

 

スピリチュアルなんて胡散くさいと思っても、苦しいときに霊的なことに頼ったりもする。

 

人の考えや気持ちは、流動的ってことですね。

 

引き寄せの法則と、それぞれの違いの参考にして下さい。