とても優しいし、いつも私を優先してくれる。

 

私の言うことは全て聞いてくれて、大事にしてくれる。

 

愛情を感じるし、きっと私を好きなのだろう。

 

女性として愛されて大切にされて優しくされる。

 

愛される経験。

 

でも、心が満たされない。

 

恋愛の幸せを感じない。

 

ドキドキもワクワクも感じない。

 

彼からのLINEの着信音にときめくこともなく、待ちわびる気持ちも沸かない。

 

でも、こんなに思ってくれる人が、今後現れるだろうか。

 

いや、こんなに大切にしてくれる人は、きっと現れないと思う。

 

分っている。分っている。

 

この人となら直ぐに結婚は出来る。

 

焦っている結婚を手に入れられる。

 

疲れる婚活ともさよなら出来る。

 

分っている。分っている。

 

でも、気持ちが冷めている。

 

こんな気持ちで結婚をしていいのだろうか。

 

結婚したいなら妥協すべきなのか。

 

でも、彼に男性を感じないし異性としてときめかない。

 

人として素敵だけど男性として意識出来ない。

 

苦しい・・・

 

結婚するまでに大切なこと、結婚してから大切なこと

 

男性として異性を感じ、性的魅力を感じるから恋愛感情が湧く。

 

「女を感じない」って、男性も言う。

 

これは、女性として性的魅力を感じないから。

 

ただ、実際の結婚生活になったら、これがどれだけ重要だろうか。

 

難しい。

 

結婚しても、この感情をお互いに持てるから輝いていられる。

 

でも生活すると、着飾ってばかりはいられない。

 

恋愛中は見ることも、経験することも無かったこともある。

 

結婚すると「家族になって行く」

 

男女ではなく家族に同士になっていく。

 

好きとか愛とかの形が変化する。

 

大切なことが移り変わる。

 

入り口は異性を感じる魅力は重要。

 

しかし、いざ結婚生活が継続すると、異性としての魅力より、本来の人柄や根本的性格の方が重要になる。

 

異性としての魅力<人間性

 

自分は何を重要と考えるか。

 

答えが出ないときは一旦放置しておこう。

 

放置している間に、色々な意見や考えをたくさん学ぶ。

 

そして決断する。

 

ただ、時間には限りがあるから、のんびりしてはいられない。