この差には大きな違いがあります。

 

そして、法則の作用に関して言えば、障害になる場合もあります。

 

まずは、相手がいない場合です。

 

結婚したいけど相手がいない場合のイメージの仕方です。

 

これは、あなたが理想とする相手をイメージしてもいいですし、相手を登場させないイメージでもいいです。

 

イメージしている映像内に相手を登場させるか(入れ込むか)自分のみをイメージしたり、相手をぼんやりとさる方法でも構いません。

 

あなたの気持ちに、作為感や虚偽感がなければ大丈夫です。

 

個人的にはイメージしない方がお勧めです。

 

それは、イメージした段階で「作り事」という感情が湧くし、イメージした相手に執着が少なからず出てくる可能性があるからです。

 

ただし、勝手に相手のイメージが湧く場合は問題ありません。

 

心意的に違和感や虚偽感がないと思うからです。

 

無理やりイメージした、理想の王子様とは全然違うタイプが、本当はあなたを幸せにしてくれる人かも知れないし

 

実際は、全然タイプじゃない人と相性バッチリかも知れません

 

理想のイメージで作り上げた人は、必ず誰が見ても素敵な人、素敵だと思われる人を描くからです。

 

意味が分かりますか?

 

理想の外見の相手とは、相性が悪く、結婚して直ぐ離婚してしまうタイプかも知れない。

 

作り上げた外見のイメージではなく、へなちょこな外見な人が、本当は最高なパートナーだったりするかも知れないってことです。

 

外見的なイメージを作り上げて思い込んでしまうと、最初からその相手以外を切り捨ててしまう可能性があるという、やや極端な例えです。

 

夢見る夢子さんって、稀に出現するから注意事項としての連絡です。

 

要は、相手がいない場合は、相手をわざわざイメージしなくてもいいってことです。

 

好きな相手がいる場合

 

好きな相手、気になる相手がいる場合。

 

これは、あなたが執着している対象がいるのです。

 

相手に対し、どれだけの感情を持っているかで差が生じますが、彼を好き過ぎて、この彼以外は嫌だって思う場合は、執着を手放す段階からです。

 

厳しい事いいますね。

 

あなたが大好きな彼が、あなたを幸せにしてくれる保証はない。

 

あなたとの相性は最悪かも知れません。

 

最悪の彼でも、結婚出来たらそれでいいのですか?

 

幸せな生活を送るより、その彼を自分のモノにすることが最大の目標ですか?

 

好きな相手がいる事が悪いのではなく、その相手しか受け入れない考え方に問題があるのです。

 

恋愛相手と結婚相手は違う

 

目標は結婚です。

 

10代20代の恋愛ではありません。

 

結婚を引き寄せたいなら、その彼だけに執着していては難しいし、時間が掛かる場合もあります。

 

一番良い考えは、気楽に手放した考え方に変換することです。

 

彼に対する気持ちを「彼が一番いいけど彼じゃなくてもいい」って、思える考え方に変えるのです。

 

「大事な事は、私と相性が良く縁のある相手が一番いい」

 

こんな考え方に変換し執着を減らすことです。

 

ここもやっぱり、あなたの性格に合わせた上手な手放し方をすることです。

 

上手な手放し方とは、考え方をちょっと変えるだけです。

 

向かう方向は同じでも、向かい方を変える感じ。

 

本当に縁があったら、その彼と関わりが起きます。

 

その彼もあなたを意識します。

 

一方通行な状況が続いていたら、何の接点も生まれないなら、さっさと次に行く方がお勧めです。

 

手放せた時に奇跡は起きる

 

そう「さっさと次に行こう!」って、心から手放せた時に不思議と彼と接点が生まれたりするのが法則です。

 

好きな人への執着が離れた瞬間、法則のスイッチが入り引き寄せの作用が動き出す。

 

今まで全くなかった、奇跡という名の“偶然”や“たまたま”が起き、変化していくのです。