タイトルの様な関係の相手に、悶々としている人いませんか?

 

ワクワクもドキドキもない。

 

ときめく気持ちは・・・全くない。

 

でも、一番身近にいる気心知れた相手なのは確か。

 

無理しなくていいし、言いたいことも言える。

 

気楽で自然体でいられる。

 

今後、他の出会いも期待出来ない。

 

こんな彼と結婚した方が幸せなのか。

 

でも・・・でも・・・

 

悩む。

 

特に、相手からの好意を感じるとより悩む。

 

きっと私を大事にしてくれるだろうなぁ・・・

 

こんな歳だ!
十分な相手だ!
結婚を焦っているんだから彼でいいではないか!
食事していても楽しいし会話も弾む!

 

でも

 

でも

 

触られたくはない。

 

どーしても、どーしても想像出来ない。

 

どうしたらいいのだろう・・・・

 

ネットで検索してみる。

 

「好きでもない相手と結婚した人いますか?」「妥協して結婚した方、結婚して好きになりましたか?」

 

自分と同じ境遇の人を探してみる。

 

好きでもない人と結婚した人の、その後を知りたい。

 

「好きになれないまま結婚したけど、結婚したら尊敬出来ることも増え、好きになりました!」

 

「条件も良く相手は愛してくれたから結婚しました。結婚して良かったと今は思っています!」

 

こんな書き込みを見つけると、ホッと安心してしまう自分がいる。

 

好きになれない苦しみと、他人の書き込みの一時的な安堵感と希望。

 

好きな相性と結婚 VS 相性の良い相手と結婚

 

こんな気持ちで恋愛しても楽しくない。

 

でも、実際多い気がするのです。

 

結婚や年齢に追い詰められ、近場にいる存在から自分を納得させる行為。

 

プラトニックな関係で一緒になる人が稀にいます。

 

相手が高収入だったり条件が良かったりすると、自分の「好き」という感情には目を瞑る人もいます。

 

反対に好きになったら、年収や性格や仕事や家庭環境には目を瞑って、好きな気持ちや情熱だけが結婚の追い風になる。

 

好きな気持ち>相手の収入
好きな気持ち>相手の性格
好きな気持ち>相手の仕事

 

大好きな相手と結婚出来るなら、他には目を瞑れることってある。

 

彼以外考えられない場合は、収入や性格や仕事がけして理想とは違っていても、大きな問題がなければ受け入れられる。

 

やはり好きという感情が一番大事なのです。

 

一度、手放してみると自分の本音が分かる

beauty-cute-girls-heart-favim-com-1514696

 

条件や肩書きが、結婚相手には素晴らしく好条件だから結婚する。

 

これって、お見合い結婚と同じですよね。

 

昔の人は、誰かが “運んで来た相手”  と、好きになれないまま結婚する制度が普通にあった。

 

どんな気持ちだったのでしょう。

 

でも、後に子供を作り、何十年と添い遂げる夫婦もたくさん存在する。

 

こんな決断が出来たら冒頭のような悩みはない。

 

恋愛と結婚は違う。

 

分かっている。

 

分かっていても、好きになれない相手と結婚する気持ちにはやはりなれない。

 

でもね、好きな気持ちや愛情は、けして不動で固定されたものではない。

 

結婚という制度は保障された契約だけど、でも神様の前で、親兄弟友人知人の前で、誓った合意は破られる。

 

気持ちは変化する。

 

上昇も下降もする。

 

増大も減少もする。

 

形も変わって行く。

 

自分にとって何が大事なのか、何が優先順位なのかよく考え決めるしかない。

 

今の時代、さまざまな選択肢もある。

 

同棲してみたり離れてみたりして、自分の本当の気持ちを確かめてみるのもいい。

 

分からない時や苦しい時は一旦手放してみる。

 

すると答えが出てくる。

 

執着しているから苦しいだけかも。

 

手放してみると自分の本音に気付けるはず。

 

おすすめ記事

結婚相手はルックスかお金か!高望みする自分に悩み苦しい

結婚相手の選び方と見極め方|出会った人が結婚相手になる決め手