有名なナポレオンヒルの著書「思考は現実化する」

 

ご存知の方も多いですよね。

 

数多くの関連書籍もあり、200万以上する成功哲学のプログラムも販売されています。

 

この有名なナポレオンヒルの、思考は現実化するという書籍は分厚いのです。

 

ずっしり重く開くと・・・

 

私には永遠にゴールすることはないと核心しました。

 

この、ナポレオンヒルの著書の内容は「成功哲学教示書」です。

 

そして、その成功哲学書は、こんな経緯で完成されたのです。

 

一代で鉄鋼王として大成功した大富豪、アンドリュー・カーネギーという方がいます。

 

カーネギーは自らの経験から、こんなことに気が付くのです。

 

「成功者には共通する資質や法則性があること」「逆に失敗にも法則性があること」

 

それらの法則を、体系的かつ普遍的にして誰もが活用できれば、多くの人が成功するために、試行錯誤を繰り返す無駄な時間と労力が省かれる。

 

そして、社会全体にもプラスになると。

 

私が、引き寄せの法則という普遍の法則を理解するのに、20年以上という遠回りと無駄な時間を要した。

 

成功するためには、成功している人の真似をするのが、無駄な時間や労力をしなくていいと感じたことと同じです。

 

本当に、こう思うんです。

 

ここを参考にして下さい。
関連記事

 

で、です。

 

この考えを、形にするための作業を託されたのが、当時貧しかったナポレオンヒルなのです。

 

大富豪で一代で成功した、稀代の成功者のカーネギー。

 

米国で有名な成功者500名以上に協力を依頼し、それをナポレオンヒルが聞き取り取材したのです。

 

確か20年以上掛かって作り上げた「成功哲学」です。

 

成功するための源ですね。

 

どんなに時代が変わっても、根本的な部分は普遍だと思います。

 

引き寄せの法則との類似点

 

ナポレオンヒルがまとめた成功法則。

 

その中で、もっとも重要な「願望実現のための6か条」があります。

 

ナポレオンヒル

 

この、もっとも重要な6ヶ条と、引き寄せの仕組みは似ています。

 

私の考えと酷似するとまでは言えませんが、ほぼ同じです。

 

違う部分に関しても、ブログ等で答えています。

 

例えば、5の紙に書き出す。

 

これは、多くの引き寄せ関連書にも明記されています。

 

ただ、私の経験から、書いてもよし書かなくてもよしという考えなのです。

 

AとBで迷う場合や、思考を整理するためには私も書きます。

 

明確化することで目標がはっきりしますし、視覚化出来るメリットもあります。

 

ただ、期限や詳細を書くことで、引き寄せる確立が上がるものではありません。

 

4に関しては、私も「気付いたことや考え付くことは即行動する」「準備が整わなくても行動する」「行動しながら考えればいい」と、伝えています。

 

これを、よりハードルを上げた考え方ですね。

 

6は自己暗示です。

 

自己暗示って、どうするの?

 

成功哲学も引き寄せの法則の仕組みも、土台は同じだと思います。

 

私はこれを、性格や環境や時代に合わせて、自分流に変えてしまっていいと思います。

 

ただし、成功レシピは、成功する為の凝縮された秘訣の塊で縮図です。

 

レシピは試行錯誤があって、やっと完成されるのです。

 

ナポレオンヒルの成功レシピも、成功者500名以上と20年以上掛けて出来たのです。

 

無駄もないし間違いもない。

 

基礎、基本、土台、軸、根底。

 

この部分はだけは、成功している万人の共通点だと思います。

 

これまでも、そしてこれからも。