生きる糧、生活の糧、全ての糧が、仕事をしてお金を手に入れることから始まる。

 

衣食住を満たすことが出来るのは、お金があるから。

 

お金というこの世の最強のツール。

 

この、最強のツールを手に入れる方法の1つが仕事。

 

私達の生きる意味の1つが仕事。

 

生きて行くためには、形は違えど一生仕事と関わって、お金を生み出さなくてはならない。

 

高校を卒業したら働く。大学を卒業したら働く。

 

少し遠回りすることもあるけど、ゴールは仕事をしてお金を稼ぐこと。

 

世界の何処に行っても、何をしていても、お金を得る行為、働かなくては始まらない。

 

働くこと仕事することは、生きる意味の大きな1つ。

 

大袈裟に「生きる意味」など言わなくてもいい。

 

普段、そんなこと考えていない。ただ生活するために働いている。

 

ただ、それだけ。

 

毎日それだけ。

 

1人で仕事をする選択

 

生活するためには、毎日ご飯食べるには、仕事してお金を稼ぐことが土台だからです。

 

そんな仕事がいま辛くて、仕事を辞めたくて行きたくない状況なら、毎日が苦痛だし、それこそ生きる意味まで考えてしまっているはず。

 

この仕事とは、「会社に行ってする仕事」「雇われている状態」

 

同僚、上司、部下、関係先、取引先。

 

さまざまな立場で、さまざまな性格の人達との関わりが必要で、自分の意志とは関係なく、コミュニケーションを持たなくてはならない仕事。

 

仕事に行きたくない、仕事が辛い、仕事辞めたいの根源は、100%人間関係から生れた歪が原因で始まっていると思う。

 

なぜなら、1人で仕事している人からは、こんな言葉を全く聞かないから。

 

「仕事大変」「売り上げ悪い」とは聞くけど、辞めたい辛いなどは聞かない。

 

1人で仕事をするとは、1人で会社をしていること。

 

個人事業主やフリーランスですね。

 

1人だから大変たこともあるけど、会社で感じたストレスは皆無。

 

「もう、会社には戻りたくない」「大変だけどやりがいある」「なにしろ自由だ」

 

自由には自己責任がセットされているけど、仕事行きたくない辛いなどの気持ちは一切生れない。

 

会社に守られていた部分もたくさんある。

 

どんな結果であれ、毎月きちんとお給料は貰える。

 

社会保険も年金も半分は会社負担だ。

 

1人で仕事することは、全て自分で抱えるってこと。

 

ただ、人間関係の大きなストレスがなくなる方が、ストレスを強く感じていた人には、なにより快適なはず。

 

人生でもっとも輝く年代

 

「生きるとは」毎日生活して行くこと。

 

日々、生活して日常を送ることが「生きている」こと。

 

そして、その毎日の中で “喜怒哀楽” を経験することが「生きる醍醐味と意味」だと私は思う。

 

趣味が「貯金」という、20代女性の人達がテレビに出ていた。

 

毎日3食同じご飯。外食は一切しない。お買い物もしない。お化粧品もサンプル。

 

でも、貯金は1000万以上。

 

普通のお給料の普通のOLさん。

 

1000万を貯めていたり、それを目指している20代前半の女性達。

 

趣味は貯金で楽しいそうです。

 

きっと、未来が不安だからですよね。分かる気がする。

 

ただ、それと同時に思うこと。

 

人間の一生の中で、一番素敵で輝ける年代は、10代でも30代でも40代でもない。

 

20代だと思う。

 

若くて素敵な誰もが羨ましく感じる年代。

 

貴重な年代。

 

さまざまな経験をたくさんして、無茶も出来て、一生の中でこれ以上にキラキラする時代はないと思う。

 

お金で買うことの出来ない “経験と言う名の財産” を、作れるのが20代だと思う。

 

空っぽの引き出し

 

自分の身長と同じ高さの、10段の引き出しがあるとする。

 

下から順番に一段ごと、「10歳までの引き出し」「10代の引き出し」「20代の引き出し」「30代の引き出し」~

 

一番上に「90代以上の引き出し」があるとする。

 

それぞれの引き出しには、あなたの経験がたくさん詰まっている。

 

思い出の全て、宝物の全て、経験の全てが詰まっている。

 

十人十色で、たくさんの思い出や経験が詰まっている。

 

生きる意味=充実した人生=積み重なった毎日=いま

 

友達と楽しい外食もしない、遊びにも行かない、おしゃれもしない。

 

お金を貯めることが全てで、今しか出来ない経験や、今しか感じられない貴重な経験は一切しない。

 

こんな20代の引き出しの中は、「ほぼ空っぽ」

 

人それぞれの考えがある。

 

貯金が全ての20代がいてもいい。そんな気持ちになる世の中だもんね。

 

でも、輝ける世代が空っぽなのは、とっくに過ぎた私には勿体無い以外ない。

 

関連記事

引き寄せの法則でやりたい仕事に就職、転職する