「執着を手放す」この言葉の意味をどう捉えていますか。

 

「執着」って、強く思っていることで「手放す」って、自分の元から放れるってことです。

 

と、いうことは「執着を手放す」とは、常に強く思っていたことから開放された状態になること。

 

言葉の意味を合わせたらこんな感じですよね。

 

でも、願望って必然的に執着している状態です。

 

元々、執着している願望なのに「執着を手放す」という、言葉の意味に当てはめて理解しようとするから罠に陥るのです。

 

頭から離れない強い願いを、忘れないといけないの?考えないようにするの?

 

どうゆうこと?

 

こんな質問よく受けます。

 

願望はその時点で、あなたの意識の中に優先して強く存在している状態です。

 

それを、思い出さないことや、忘れる方法なんてありますか?

 

勘違いしている方は執着を手放すという方法を、記憶から無くすこと(消し去ること)だと思い込んでいるのです。

 

いい加減がちょうどいい

 

予測が付く出来事を、前もって考え準備しておくことは大事。

 

でもそこに執着があると、悪い方に考えが膨らんでしまう。

 

要は、ただの取り越し苦労ってことです。

 

私が伝えている”執着を手放す”は、忘れることでも、思い出さないことでも、記憶から無くすことでもありません。

 

そんな簡単に忘れられる願望は、元々願望とは言わない。

 

願望を考えると、不安や焦りを感じるなら手放なさないといけません。

 

手放さないといけない執着とは、願望に不安や焦りを感じる悪い執着の場合です。

 

(反対に良い執着とは、考えただけでウキウキしたりワクワクします)

 

私が伝えている執着を手放すとは、不安や焦りを感じる悪い執着に ”楽観的” になり放置することなのです。

 

やるべきことをやったら、あとは見えない別の領域でことがちゃんと動き始めます。