「執着を手放す」この言葉の意味を、どう捉えていますか。

 

「執着って」強く思っていることですよね。「手放すって」自分の元から放れるってことですよね。

 

と、言うことは、「執着を手放す」とは、常に強く思っていることから、開放される状態になることです。

 

そして、始めから、必然的に執着している状態なのが「願望」というモノです。

 

元々、執着している願望を、執着を手放すという言葉の意味に、当てはめて理解しようとするから罠に陥るのです。

 

頭から離れない程の強い願いなのに、それを忘れるの?考えないようにするの?どうゆうこと?

 

こんな質問をよく受けます。

 

願望は、その時点で、あなたの意識の中に優先して強く存在している状態です。

 

それを、思い出さない方法や、忘れる方法なんて、そもそもあります?

 

「執着を手放す」という方法を、記憶から無くすことだと思い込んでしまっているのです。

 

物ごとを、深刻に考え悩んでいる状態は、あなたの思考が囚われてしまっている状態です。

 

深刻に考えている時、人はネガティブ思考です。

 

起きてもいない先のことにも、悪い方に膨らませ思い悩んでしまう状態です。

 

いい加減がちょうどいい

 

予測が付く最悪な事態を、最小限に留める為に、考えておくことや準備しておくことは、防衛本能として大事です。

 

ただ、執着があると、それとは違う取り越し苦労をしていることが殆どだから問題なのです。

 

私が伝えている「執着を手放す」は、普段思い出さない状態や、記憶から無くすことではありません。

 

あなたが誤解している「手放すこと=いっさい忘れること」とは、違うのです。

 

スッキリ忘れてしまうことが、手放すことではないのです。

 

そんな願望は願望ではありません。

 

考えると不安を感じたり焦りを感じるなら、悪い執着ですので手放なさないといけません。

 

良い執着は、考えただけで、ウキウキしルンルンしワクワクします。

 

願いごとは、やるべきことをし準備が整ったら現れます。

 

感情を誤魔化しても無意味です。そんな誤魔化した感情やウソを、自分にする必要はないのです。

 

自分で自分にウソついてまで、叶うことは引き寄せの世界ではありません。

 

意外と、自分の気持ちや本音って分からないものです。

 

最後にもう一度。

 

執着を手放すとは “楽観的” になることです。そして放置すること。

 

やることやったら、あとは見えない別の領域で、ことがちゃんと動き始めます。

 

おすすめ記事

執着を手放すには、視点を変え考え方を変える

引き寄せが成功する方法|執着を手放すとどうなるか?