最悪の状態から大逆転する物語は、映画の中だけだと思っていた。

 

辛くてどうすることも出来ない状況から、ある出来事をきっかけに立場が逆転する。

 

こんな状況を、実際起こした女友達がいました。

 

この話を聞いたのは、彼女に出会って数回目のときのことです。

 

20代で結婚し、都内一等地に旦那様のご両親との二世帯住宅。

 

若くして出産しているので、既に大きな子供がいました。

 

旦那様もお義父様も有名大学出身だったので、自分の子供も必然的に同じ大学へ行かせなくてはならないという、暗黙のプレッシャーを感じていたそうです。

 

旦那様は上場企業勤務で、彼女とよく会っていた時は、2度目の海外勤務で不在の時でした。

 

日本に居たときは、毎週ゴルフ接待があり、早朝のお迎えに間に合うように、朝4時には起きてお化粧をちゃんとして、お見送りしていたそうです。

 

お義母様が見ているから、お見送りしないと怒られるというのです。

 

うわーめんどくさい!

 

「頭を深く下げ車を見送くるんだよ!」と、そのお辞儀を見せてくれました。

 

同年代で独身だった私には、信じられない生活でした。

 

お中元お歳暮の際にはお礼状も添え、その書き方は、お義母様から指導を受けていたそうです。

 

旦那様の食事の用意をする時間になれば、お義母様さんが外階段をトントントンと上がって来る。

 

「その音を聞くのがストレスだった」と。

 

味付けのチェックや栄養バランスを確認されるそうです。

 

そして、来ると家具の配置やカーテンまでに口出しするらしい。

 

「まさか、このカーテンもそう!?」

 

部屋に入った瞬間、カーテンの柄に違和感があったのです。

 

なぜこの柄?って思ったからです。

 

「そうだよ!へんだよね!買って来たから変えるしかなかったんだよ!」

 

うわー辛い。

 

日々、こんな感じと言うのです。

 

ただ、彼女は自分の意見も言う人だが不用意な発言はしない。

 

思ったら即言うことはしないのです。

 

展開を考え、先の先を考えてから発言するのです。

 

「もの凄く考えるよ!お風呂で何度も考えるよ。こう言われたらこう答えるって準備しておく」

 

私にアドバイスしてくれる時も、「相手の心理はきっとこうだから、こう言った方がいいよ!」と教えてくれる。

 

「まだまだ元気な両親だから、これが続くなら辛いね~」と言った私に、

 

「それがさぁ~そうでもないのよ・・・」

 

うん?どうして。

 

「それがね~恥ずかしいんだけど、こんなことがあったんだ・・・」

 

ここから、彼女の立場が逆転する出来事を聞いたのです。

 

お義母様との関係を、大逆転する出来事を起こしたのです!!

 

妻の知らない夫の顔

animal-animals-black-body-favim-com-3947069

 

とある日、どしても調べたいことがあり、旦那様のパソコンを借りたのです。

 

短大を卒業し、半年で仕事を辞め結婚したので、パソコンにも詳しくなく、自分のパソコンも持ってなかった。

 

そんな彼女が、旦那様が留守の時に始めて借りたのです。

 

「電源ボタンも分からなかったんだよ!」

 

「分からないから適当に触ったんだけど、なーんか見つけちゃったんだよね・・・」

 

ドキドキ

 

ドキドキ

 

何?何?

 

「恥ずかしいんだけど・・・」

 

自分の旦那様の恥ずかしいこと?

 

「適当に触っていたら見つけちゃったんだ、怪しいメールを」

 

浮気?

 

「違う」

 

何?

 

「どこかに申し込みしているメール」

 

どこかに?メール?

 

彼女の知らない旦那様の秘密。

 

性癖。

 

申し込みしている先は、その性癖を知ってしまうことになる内容だったのです。

 

で、どうしたの!?

 

ここから、彼女の性格が功を奏すのです。

 

「まず証拠を取るため印刷したの」

 

勘のいい彼女は、印刷する方法も探り当て、証拠を取ることに成功したのです。

 

動揺したし信じられなかったそうです。

 

ほぼ、お見合いに近い状態での結婚だったけど、まさかって思ったそうです。

 

そして、ここからが賢い彼女です。

 

旦那様には何も言わず、翌日、お義母様がいつものようにトントンと上がってきた時に、行動を起こしたのです。

 

「お話ししたいことがあるので、お義父様も呼んで頂いていいですか」

 

こう言って、義理両親と向かい合ったそうです。

 

お義母様は「何よ~」という態度だったと。

 

彼女は、目の前に座る両親の、大事な息子の醜態を、物証と共に提示したのです。

 

「パソコンを借りようと思ったら、見つけてしまいました」と。

 

ご両親はガタガタしていたそうです。

 

旦那様だけに言うのではなく、見たことを言うだけではなく、自分を一番苦しめているお義母様に、証拠と共に旦那様より先に伝えたのです。

 

自分の息子の醜態、性癖を知った親の立場は分かりますよね。

 

こんな人とは一緒に暮らせません!と、捨ててしまうことも出来るのです。

 

孫と離れなくてはならない状況も、妻の出方では出来るのです。

 

大逆転

 

今後、嫁である彼女に強くは出れなくなったのです。

 

彼女のすることに、口出し出来る状況ではなくなったのです。

 

「だって、自分の息子があれだよ!その奥さんには、ごめんなさいって感じでしょう」と。

 

子供もいたし離婚は考えなかったらしい。

 

「けど、夫婦の関係は変わったね」と。

 

浮気ではないし、裏切られたとも違う。

 

「尊敬していた部分もあったから、嫌いにはならなかった」

 

「お金はあるし、また海外赴任になると思ったしね!」と、笑っていました。

 

辛い立場を逆転させる、一番いい方法を彼女は取り、それを見事に成功させたのです。

 

最後に笑う女。

 

アッパレです。