引き寄せの法則を理解していても、願いがなかなか叶わないことがある。

 

その原因になっているのが、価値観、固定概念、そして法則に対する心底信じることが出来ない不信感です。

 

人は、過去の経験から自分でルールを設け、その自己基準のルールと色眼鏡でものごとを見て判断する。

 

これが通常です。

 

ただ、これが法則の作用には大きな壁になり作用の邪魔になる。

 

経験や価値観が妨害する。

 

自己ルールを設け自分で壁を作り、超えられないような状況にしてしまうからです。

 

何も知らないなら壁を感じないですが、立派な社会経験を積み、協調性を兼ね揃えた常識あるまともな大人なら、これがあたり前です。

 

この感覚が普通です。

 

ただ、「法則の仕組みと作用」だけに焦点を当てるなら、先入観を持たずに素直に受け入れる気持ちが、決定的な違いになるのです。

 

裏を考えたり難しく考えたりしないこと。

 

私が、理解するまでに、無駄に時間が掛かってしまった要因もココでした。

 

如何わしさの正体

 

素直には信じられない。

 

だって、今までの経験や概念のロックを外し×を○に考えないといけない。

 

自分の考え方や出来上がった価値観を、いまさら変えるのは難しい。

 

ジレンマを持ち、ごちゃごちゃした感情がずっとでした。

 

この、ごちゃごちゃとは「胡散臭い」「まやかし」「言葉の綾」「比喩的表現」など。

 

都合よく騙されている気がしてならなかったのです。

 

文才のある人に、才能など全くない私が、マインドコントロールされている気がしました。

 

見えない世界を100%理解し信じられることはないと思う。

 

でも、それでいいししょうがない。

 

時間と人生は有限

 

そのうち終わってしまうのです。

 

私もあなたも、たぶん80年後はこの世界にはいない。

 

考えたくないけど、体の細胞は壊れ劣化し死ん行く。

 

ならば、やりたい事をして楽しい思いをして生き抜きたい。

 

たくさんあるこの世のルールと宇宙の仕組み。

 

その中の、たった1つが引き寄せの法則という仕組み。

 

この仕組みを理解して、少しでも多くウキウキした毎日を送りたい。

 

暇だと他人のミスや欠点に意識が向いてしまう。

 

多忙だと、怒りや不安の感情ばかりに意識を向けていられない。

 

会社でもそうでしょ。

 

暇だと他人のミスが目に付き批判したくなる。

 

自分の仕事が忙しければ、そんなことどうでもいい。

 

自分のことで精一杯だから、あなたの意識はそちらに向かない、気にしていられない。

 

 ロックを外す

 

心を充実させる。怒りや悲しみや不安などをコントロールする。

 

コントロールは自分で出来るのです。

 

引き寄せの法則は、確実にあなたの欲しいモノを、あなたに近づけてくれる仕組み。

 

普遍の法則です。

 

あなたの内面のロックを外すことで流れ込んで来ます。

 

このロックを外す鍵も、あなたが持っているのです。