「お金持ち」 いい響きです。

 

お金って夢を叶える道具だし、心の安定剤でもありますよね。

 

ストレスを起こすストレッサーになるのは、身内の死とお金の悩みがダントツ高いと聞いたことがあります。

 

ホリエモンが以前断言していました、「お金で買えないモノはない」って。

 

実際のところは分かりませんが、確かにお金で解決出来ることはたくさんあります。

 

夢を叶える道具でもあるし、問題や悩みを解決出来る道具でもあります。

 

個人的には、夢を叶える道具より問題解決の方に比重を置くタイプです。

 

お金持ちになると言っても、その手段や方法は無数にある。

 

自己実現の達成方法なんて、その人自信で生み出せるからです。

 

でも、大きく分けると、自分がお金持ちになる方法と、お金持ちと結婚する方法の2つ。

 

「玉の輿」これも素敵な響ですね~

 

お金持ちと結婚する方法は、まずはそんな相手と出会わないといけないし、出会って好かれないと始まらない。

 

そもそも、どこにいるのでしょうか?

 

やはりセレブにはセレブの人脈があり、お金持ちはお金持ちが集まる場所があるのでしょう。

 

それを見つけ、そこに進入し、そこで接点を持つ。

 

アグレッシブさが必須ですよね。

 

尻込みしていたらこの手の人達を、普通の女性が探し手に入れることは難しい。

 

自分磨きも必須条件。

 

お金持ちの男性って、それだけで自信あるだろうし、自分自身を高く評価していますから、それに見合った相手を選別します。

 

シンデレラにでもならない限り、貪欲に計算高く掴みに行くしかないのでしょう。

 

若くて美貌を兼ね備えていたり、魅力的な高いキャリアがあるなら、努力せずとも出会えるかも知れませんが、普通の生活でシンデレラストーリー的なことはまず起きませんね。

 

朝起きて、会社行って、お稽古行って、お惣菜買って、家帰って、テレビに爆笑しながらの晩ごはん。

 

こんな日常も気楽でいいわ~

 

シンデレラには程遠い生活ですけどね。

 

自分がお金持ちになる

自立出来る武器を持つこと。

 

自立って、自分の力だけで立っていられること、人に寄りかからないでいられる軸があること。

 

何かあっても怖くない、自分を守れる武器。

 

結婚していても、自立していることが、より安心安定に繋がる。

 

どちらか一人が倒れても、支え合えるという気持ちの余裕が持てる。

 

自分でお金持ちになると決めたら、お金持ちのモデリングから学んでみる。

 

お金を稼ぐ手段は、自分の得意なこと好きなことが一番稼げる。

 

因みに、お金持ちになれない人には、こんな共通点があるようです。

 

・お金持ちになることに罪悪感を持っている
・お金に対して感情的である
・変化を恐れ安定を求める
・1つのことしか選べないと考えている
・学歴が必要だと思っている
・始めからその気が無い
・無理だと決めている

 

何歳からでも、どんなことでも、キッカケは自分で探して掴むことは出来ます。

 

それを、諦めず育ててみることです。

 

パリーポッターの著者 J・K・ローリングさん。

 

今では大富豪の仲間入りした彼女ですが、病があり貧困生活の中、子供を抱えながらカフェで書いていたのが始まりです。

 

お金持ちの基準も、自分で満足出来たらいいと思うのです。

 

私達は、世間に評価される必要ないですよね。

 

自分の気持ちが潤えば、それが自己基準の「お金持ち」

 

こうして満足している自分は、ピンクのエネルギーに包まれています。

 

もう、分かりますよね。

 

お金がもっと引き寄せられる、偶然やたまたまが起きてくるのです。

 

持っている人は、もっと持てる仕組みです。

 

今回は、法則寄りではなく、この世界の考え方寄りで書いてみました。