ネガティブな人とは、ネガティブ思考になりがちな人。

 

ポジティブな人とは、ポジティブ思考になりがちな人。

 

ネガティブな人は、考えることがマイナス思考で、ネガティブに考える習慣になってしまっている。

 

常にネガティブ思考なので、深い意識部分(潜在意識)も、そうゆう考え方に染まっていく。

 

“そっち側” の考え方に慣れて、自然に “そっち側” の考え方を選んでしまう。

 

潜在意識と顕在意識

 

そもそも、ネガティブな人は、突然ネガティブ思考になるのではない。

 

ウイルスに感染して突然発症するものとは違う。

 

蓄積されていく脂肪のようなものだと思う。

 

生活習慣に原因があるから、余計な脂肪は付くのだ。

 

生活習慣を改善すれば、無駄な脂肪はなくなるのです。

 

ネガティブな人は、ネガティブな考え方に慣れ、そうする方が、そう考える方が、自分らしいとなってしまっているのです。

 

ポジティブな人はこの逆です。

 

持って生れた性格もあります。

 

ただ殆どは、それ以降のさまざまな出来事との関わりで、作られていくと思うのです。

 

ただ、私はネガティブな人には2種類あると思う。

 

1つは、私ネガティブなんです!暗いんです!クヨクヨしてます!と、宣言出来る人。

 

もう1つは、このような発言はしない人です。

 

前者のネガティブな人は、本当のネガティブではないと思います。

 

心配で落ち込みやすいから、声に出し言葉にして、ダメだと思う自分を叱咤し奮起させている気がします。

 

ネガティブに考えがちだけど、実はポジティブな部分も大きく感じるのです。

 

面白い芸人さんも、プライベートは無口で暗くて面白くないって聞きますよね。

 

でも、けしてネガティブな人ではないですよね。

 

人間は2面性があると思うのです。

 

頑張る自分もいるし、怠ける自分もいる。

 

両方本当の自分です。

 

男性の前ではぶりっ子なのに、裏では全然違う女性。

 

両方この女性の顔です。

 

ただ、その時々で使い分けて、どちらかに比重が傾くだけ。

 

本当のポジティブな人になれる理由

 

「過去は変えられない」
「過ぎてしまったことはしょうがない」

 

それでも、悔しいし、悲しいし、未練あるし、取り戻したい過去もある。

 

色んな感情が整理されない時は、誰でもネガティブ思考にマイナス思考に傾く。

 

ただ、その傾きの建て直し方で、「本当にネガティブな人」なのか、「本当はポジティブな人」に、分かれると思うのです。

 

生死に関わる大病をしたり、凄く辛いことがあると、誰でも一度はネガティブ思考に傾きます。

 

ただ、時間が経過していく中で色々考える。

 

すると、何かが取れて、何かが抜けて、何かを悟るのです。

 

自分の考え方が変化し達観するのです。

 

この後、どうなると思いますか。

 

最悪な状況にも「感謝の念」が湧くのです。

 

心の底から本当にこう思えるのです。

 

この経験を一度すると、これ以降の考え方は、全て前向きでポジティブ思考になります。

 

「本当のポジティブな人」になるのです。

 

そして一度、本当のポジティブな人になったら、もうネガティブの人には戻りません。

 

これからの自分も、自分で選んでどうにでもなれるのです。

 

おすすめ記事

あなたの人生は全てあなたの選択で決まっていく