願いを叶えられる人と、願いを叶えられない人の違い。

 

片方にあって、片方に無いもの。

 

何となく分かるような、分らないようなですか?

 

実は、その ”何となく” 程度の理解が、叶わないの原因になっているって言ったら。

 

「何となく」って、はっきりしていないってことでしょ。

 

例えば、乗り換えアプリってありますよね。

 

凄い便利です!

 

アプリがない時代は、JRや地下鉄の路線図を用意し、目的地までの乗り換え駅や乗り換え路線を探すことからです。

 

これが正しいルートなのか?これが最短なのか?

 

当時は、こうして小さな苦労を積み重ねて、目的地までのルートを決めていたのです。

 

それから時代が変わり乗り換えアプリ誕生。

 

えっ、この行き方もあったのね!こっちの方が安いんだ!ってことが何回もありました。

 

いまは、最寄り駅と行き先を入れたら、時間、乗り換え回数、運賃で優先順が表示される。

 

同じ行き先でも、運賃の違いや乗り換え回数も違う。

 

知らないってこんなにも違う。

 

目的地がはっきり決まっているから、自分にとって一番良い方法(乗り換え回数優先、運賃優先、出口に近い車両等々)が分る。

 

これと同じ。

 

法則で願いを叶えるには、目標がはっきりしている方が作用しやすい。

 

ゴールが決まっていなければ、何も動かないし使えない。

 

乗り換えアプリやカーナビと同じだってことね。

 

まずは、叶えたい目標を設定する。

 

そして、素直に信じる人が不思議と上手く進むのです。

 

法則が作用する設定の仕方やコツ

 

目標設定に悩む人がいると思います。

 

どの程度、はっきりさせるのかという部分。

 

まずは、ゴールを決めます。

 

大きなゴールばかりではなく、小さく直近のゴールでも十分です。

 

ここが、ふわふわしてはっきりしていないと、何を求めているのか分からない。

 

願望が決まったらそれに近づく方法を考える。

 

考えたら(分かったら)そこに1歩向かう。

 

この1歩を繰り返す。

 

問題なのは1歩が分からない場合。

 

進み方が分からない場合は「手放す」のです。

 

手放す方法を理解していれば出来るはず。

 

手放しても無意識に根付いた願望があるので、きっかけや閃きやチャンスはキャッチ出る。

 

引き寄せの作用が働き出し、たまたまや偶然という形でチャンスを掴める。

 

分かりますか?

 

これが、全て繋がっているというのです。