願いを叶える人、願いを叶えられない人の違いは何でしょうか。

 

願望を引き寄せられる人にあって、願望を引き寄せられない人にないもの。

 

何となく分かるし、何となくはイメージ出来ますか?

 

ただ、その “何となく” が、何となく分かっているだけだから、叶わないのかも知れません。

 

そこに重要性を感じず、それがネックだとも思わず、漠然と納得し保有してしまっている。

 

乗り換えアプリってありますよね。

 

凄い便利ですよね。

 

アプリがない時代を経験している私。

 

JRや地下鉄の路線図を用意し、行き先をまず探し、そこから乗り換え駅や電車をメモする。

 

直ぐにはこれが正しいのか、これが一番良いのか分からないから、時間が掛かるし大変でした。

 

乗り換えアプリが出来て「えっ、この行き方もあったのね!こっちの方が安いんだ!」ってことが、何回もありました。

 

いまは、最寄り駅と行き先を入れたら、時間、乗り換え回数、運賃で優先順が表示される。

 

同じ行き先でも、片道数百円違うのはザラ。

 

到着時間も違えば、乗り換え回数も違う。

 

同じ目的地に行くにも遠回りがある。

 

知らないと遠回りする、知らないと運賃が高くなる。

 

目的地をはっきりさせるから、全てが分かって決まるのです。

 

引き寄せが作用する人に絶対必要なこと

 

引き寄せは、目標が決まっているから作用する

 

行きたい場所が決まっていなければ、最短コースは決められない。

 

ベストな方法が決まらないのです。

 

これでは、法則の作用の効きが悪くなるし、何処にどう進んだらいいのか作用も定まらない。

 

乗り換えアプリやカーナビと同じです。

 

あなたの叶えたい目標を、しっかりと設定することです。

 

設定の仕方のコツ

 

ここに悩む人がいると思います。

 

目標設定の程度、そのレベルが分からないという方です。

 

どこまでするのか、どの程度はっきりさせるのかという部分。

 

まずはゴールを決めます。

 

このゴールはみんな問題ないのです。自分の叶えたいことなので願望として持っているからです。

 

この先に個人差があるのです。ふわふわしてしまっている人がいるのです。

 

乗り換えアプリが無かった時と同じです。

 

目的地は決まっているけど、ベストな行き方が分からない。

 

優先順位は時間なのか、運賃なのか、乗り換え回数なのか。

 

これと同じことが、ゴールは決まっているけど、それ以外が曖昧な状態ってことです。

 

願望が決まったらそれに近づく方法を考える。

 

考えたら(分かったら)そこに1歩向かう。

 

この1歩を繰り返す。

 

問題は、この1歩が分からない場合。

 

進み方が分からない場合は、「手放す」のです。

 

手放す意味が正しく理解していたら、ここでちゃんと出来るのです。

 

手放した状態でも、あなたの意識や無意識に根付いた願望があるので、アンテナさえ出ていれば、そのキッカケや閃きやチャンスをキャッチ出来る。

 

引き寄せの作用が働き、 “たまたま” “偶然” という形で、チャンスを掴めるのです。

 

分かりますか?

 

これが、全て繋がっているというのです。

 

この世界の目的達成方法と違わないのです。

 

ただ、引き寄せの世界は、この人間世界にはある障害やルールはない。

 

その分早く叶うのです。

 

おすすめ記事

引き寄せの作用で本当に願いは叶うのか?
手放す方法を正しく理解出来た人が勝ち