執着を手放しているのに願いが叶わない人。

 

たぶんそれ、”手放しているつもり”になっているだけかも。

 

自分で手放しているって思い込みたいだけかも。

 

本当に手放している状態は、もっと根本が大きく違う。

 

”つもり”の人は、違和感を感じます。

 

執着を手放す方法って、引き寄せの法則を理解する上で一番難しい。

 

難解で一番多く誤解されている部分。

 

何度も触れて説明するのは、私自身もずっと勘違いしていたからです。

 

Aの説明の仕方では60%しか理解出来なくても、角度を変えたBの説明をすると90%理解出来たりする。

 

反復あるのみ。

 

執着の手放し方を正しく理解出来たら、願いは叶いやすくなります。

 

ダイレクトに叶う?
変化球で叶う?

 

これも、あなたにとってちょうどいい時に、ちょうどよく叶うのです。

 

この、”ちょうどよく”とは。

 

時間、叶い方、形、状態、結果、全てがあなたに都合よくです。

 

ちょうどよく都合よくが法則の作用の現れ方。

 

ピンクのエネルギーを感じる執着は問題ありません。

 

問題はグレーのエネルギーを感じる執着。

 

これは手放さないとだめ。

 

上手に手放さないと願いは叶わないから。

 

【教材:執着を手放す方法