「今度は、運命の人を見つけて下さい」
「旦那様は運命の人ではなかったんですね」

 

とか

 

「引き寄せで出会った彼なのに上手く行きません」
「彼が結婚をしてくれません(結婚を引き寄せたいのに)」

 

これらは、引き寄せの法則を勘違いしている。

 

彼と上手く行くか、自分の望み通りに恋愛が運ぶか。

 

これは、あなたの実力次第では?

 

彼があなたと結婚したいと思えるか、彼の気持ちを理解出来るか、基本土台である人と人との関わりで、コミュニケーションが根底にあるのです。

 

恋愛関係を上手く運べるかは、あなたの女性力と人間力と経験と考え方と性格と・・・

 

幾つもあるさまざまな考えが、お互いに絡み合い、譲り合い、強調し合い、認め合い、ぶつかりながら育み育てていくのですよね。

 

自分の原因や問題を「引き寄せが作用しない」と勘違いされている方、気づいて下さいね。

 

願いが叶った時点で、引き寄せは成功でそこで1回ENDです。

 

ここを、正しくご理解下さいね。

 

運命の人は1人ではない

Favim.com-4941661

 

そして、”運命の人=一生仲良くラブラブで過ごせる結婚相手” と思い込まないで下さいね。

 

運命の人=結婚相手だけではないですよ。

 

ドラマチックに引用されたり、若い女性が使いがちですが、正しくはないです。

 

上記は、マキシマムな理想ですが、運命の相手とはもっと様々です。

 

参考記事

 

夫婦仲は冷めても、離婚はしない出来ない人もいるのです。

 

特に女性は、経済力のなさから自立出来ない人も多いですし、家庭内別居状態や冷めた関係だけど、形式上夫婦なんてたくさんいます。

 

それも他人は分りません。

 

本当のことなんて誰にも分らないのです。

 

この状態でも形式上は夫婦。

 

冷めていても嫌いでも夫婦。

 

ただし、結婚した相手なので運命の一人ではあります。

 

絶対、幸せでラブラブで仲良しだった時があったのです。

 

泥沼離婚、円満離婚。

 

離婚したら一生会わない関係も、夫婦ではなくなったけど、お互いのことを一番知るいい関係で居られることもある。

 

一生会わない>いい関係ですけどね。

 

離婚したのに復縁があるのは、いい関係があったからからかもね。

 

関連記事

最後に笑う女|彼女に起きた立場を逆転させる出来事

愛されるより愛したい|めんどくさい女と愛される女と愛されたい女