1年前の願望は叶いましたか。

 

まだ叶っていなくても、間違えなく近づいていますか。

 

3年前の悩みは解決出来ましたか。

 

完全に解決していなくても、確実に小さくなっていますか。

 

人は悩みごとを早く解決したいもの。

 

未来の願望より、目の前の問題ごとや心配ごとを、一刻も早く解決したいと思うものです。

 

優先順位は悩みごと>願望です。

 

心配ごとや悩みごとを解決する方が、願望を叶えることより力を込められるものです。

 

凄く困っていることを解決するためには、人は最大のエネルギーを注げるのです。

 

出来る人の定義

 

物事には優先順位があります。

 

仕事も家事も順番を付けて行うものです。

 

この順番や段取りが上手な人ほど「出来る人」と言えるのです。

 

上司「○○出来てる?」→「はい出来てます。××も終わっています」

 

上司「おー!凄い」

 

って、単純ですが、先手先手で見越して進める人って、目的や問題も早く解決出来る。

 

これは、仕事や家事だけに該当するのではない。

 

この能力が高い人は、問題解決の手段や目的達成の手段を見つけるのが上手なのでしょう。

 

1歩先2歩先を考えながら、今をこなしているのです。

 

冷静な判断出来る余力があるのでしょうね。

 

ただ、これも元々持っているのではなく、きっとたくさんの経験があるから失敗があるからだと思うのです。

 

経験って本当に財産です。

 

大失敗を経験したら、2度と同じことはしない。

 

同じミスや過ちは起こさないと強く思える。

 

失敗という経験をしていると、失敗しない方法も分かってくる。

 

成功するためには、失敗したこと以外を選べばいい。

 

成功する為のたくさんの武器を持っている人は、失敗という経験を、たくさんした人だけが持てるのだと思う。

 

成功した人のマネをする