85歳のカルメンさん。

 

周囲の誰もが、そのオーラにくぎづけになる。

 

白髪もシワもシミも輝いている。

 

若い私達の方が負けている気がする。

02_image_size_630_x

 

「おばあちゃん」だけど、おばあちゃんって不釣合い。

w621_the-oldest-model-she_e2_80_99s-83-and-sexy-as-always-7

 

スタイルや伸びた背筋にも感動する。

w621_the-oldest-model-she_e2_80_99s-83-and-sexy-as-always-5

 

ランウェイを歩く85歳。

NEW YORK - FEBRUARY 04: Model Carmen Dell'Orefice walks the runway at the Heart Truth Red Dress Collection during the Olympus Fashion Week at Bryant Park February 4, 2005 in New York City. (Photo by Carlo Allegri/Getty Images)

 

こんなカッコいいおばあちゃん、いやマダムに感銘を受ける。

 

いつまでも、着飾る気持ちを忘れないって素敵です。

 

こんな、付けまつげのおばあちゃん大好きです!

5810c9d8c5e67d742b4701f24220e99ca203e27a

 

幾つになっても “着飾る意欲” を持ち続けられるって凄いことです。

 

年齢で区別するなんてナンセンス。

 

もう、30歳だから・・・
もう、40歳だし・・・
もう、歳だから・・・

 

確かに年齢を重ねると難しくなることもある。

 

20代には出来たことが、30代では遅くなり、40代では鈍くなり、50代では出来なくなったりする。

 

老いに抗う。

 

抗うやり方や気持ちの差だと思う。

 

周囲から好意的に見られる “抗い方” は、全て素敵だと思う。

 

キレイに真っ赤なネイルをした、おばあちゃんに嫌悪は全く感じないですよね。

 

キレイな明るい色の洋服を着ている、70代80代は尊敬する。

 

自分がその年齢になったら、はて、着れるだろうか?

 

茶やグレーやベージュの、ゆったりした服ばかりではないだろうか?

 

若い頃は、流行に乗りみんなと同じことで安心し満足する。

 

五十歩百歩です。

 

それが、年齢を重ねると個々の差になる。

 

全てに大きな差が出て、その差が大きく開く。

 

体力も外見も考え方も病気も、全て個人差で違う。

 

その土台作りは、30代中頃から少しずつ準備して置くといい。

 

何もしないとツケが来る。

 

以前、キレイな20代の知人に伝えたら大爆笑された。

 

20代は、何もしなくてもキレイ。
30代は、何もしていないと分かる。
40代は、何もしてないと汚い。