「鈍感力」という言葉を知ってますか。

 

鈍感って、悪い表現に使いますよね。

 

鈍感とは
「感覚や反応などがが鈍いこと」

 

気が付かない人や、ボーとしている人にも使いますよね。

 

「あの人、鈍感だよね」って。

 

ただ、鈍感力って違う捉え方や考え方もあるのです。

 

これが凄いのです!

 

悪い出来事や嫌なこと自体にも、鈍感だから鈍くて気付かない。

 

これを “鈍感力”って言うのです。

 

悪口やネガティブな発言を聞いてもスルー出来る力。

 

器が広いっていうのか、響かないっていうのか、要は「気にならない力」です。

 

こんな鈍感力があったら、疲れないと思いませんか。

 

嫌なことを言われても「あ~何か言っている」って、気にしないでいられる心の大きさ。

 

悪い出来事が起きても「まぁ、しょうがないか」って、受け入れてしまう強さ。

 

ネガティブなことに、鈍感で要るって難しい。

 

心配な出来事は、実は心配する必要のない、無駄な取り越し苦労が殆どだそう。

 

と、いうことは、鈍感力のある人は、引き寄せの法則が作用しやすいと思います。

 

ネガティブな感情に鈍感で、悪く思うことが不得意だからです。

 

クレーのエネルギーになりにくい。

 

グレーな出来事に鈍感。

 

ものすごい強力な武器を、元々の資質として持っているってこと?

 

「鈍感力」って性格。

 

鍛えることは難しい気もするけど、私も欲しいこの力。

 

きっと生きやすいですよね。ストレスも少なくていい。

 

願いごとが叶いやすい、良いことが起きやすい、前向きに生きやすい “幸運体質” だと思うのです。

 

嫌なことには気づかない。少し位の嫌なことにも「まっ、いいっかと」思える精神。

 

敏感だと疲れることが多くなる。

 

いちいち気になるし、いちいち考えちゃう。

 

空気を読み過ぎて過敏になり、結果嫌われちゃったりする。

 

「あの人細かいし、いちいち煩い!」

 

ただ、気付いてしまう、分かってしまうだけなのに・・・

 

自分にも他人にも損な性格。

 

鈍感力の反作用

本人は生きやすい鈍感力。

 

ただ、周囲にはそれが悪影響を及ぼすこともある。

 

鈍感さゆえの鈍感。

 

空気を読めない鈍さから、人を傷付けたり相手の気持ちに気付けない。

 

思いやりの欠如や、その場の空気を感じる能力は低い。

 

人との関わりが全ての社会生活では、時として批判される部分でもありますね。

 

敏感な性格の人からは、嫌われてしまうかも知れないタイプかな。

 

短所と長所は表裏一体

自分への批判や失礼なことにも悪くは取らない。

 

人のアラ捜しもしない。

 

こうゆうタイプの人は他意がない。

 

悪い人ではないし打算もない。

 

面倒な人ではないはず。

 

女性VS男性ぽい。

 

気付く女性VS気付かない男性。

 

敏感な女性VS鈍感な男性。

 

良い面と悪い面は表裏一体です。

 

鈍感って、気付かない空気読めない性格だけど、本人は生きやすい。

 

敏感って、小さなことにも気が付き、先を読んで行動出来るけど、本人は疲れる。

 

いまの時代は、鈍感力を持っている人の方が幸せなのかも知れませんね。

 

引き寄せ成功出来る人と出来ない人の違いは能力?