アラサーの婚活、アラフォーの婚活。

 

年齢によって婚活に対する意気込みは違いますよね。

 

私がお話した方の中には、20代半ばで焦っている方もいました。

 

地方に住んでいる方で、周囲の友達は既に子供がいるし、親も煩さくプレッシャーが強いと嘆いていました。

 

住む場所や周囲の環境でも違うと思いますが、一般的に婚活を意識して行動し始めるのは、20代後半から30代前半でしょうか。

 

30代半ばからは焦りも増え始め、「もしかしたら、出会えないのではないか」「もしかしたら、私結婚出来ないか」と、不安もプラスされてきます。

 

結婚願望が強ければその気持ちは強くなり、30代後半にもなればそれは増幅し始めます。

 

「夜になると死にたくなる」と、呟いた40代の方もいました。

 

「自分だけ、なぜ出来ないのだろう」
「誰かを好きになれるのだろうか」
「これから先も、一人でいるのだろうか」
「まだまだ、働き続けないといけないのか」

 

現実に向き合うと、どうしょうもない不安に襲われると言う。

 

若ければこの不安は少ないし小さい。

 

年齢が高くなれば、その不安は大きく気持ちを支配される。

 

そして、どんな時もこの気持ちは消えない。

 

飲み会で楽しんでいても、カラオケで歌っていても、ふとした瞬間に湧き上がる現実の自分。

 

こんなことしているけど不安でしょうがない。

 

周囲に合わせ笑っているけど、本当は冷めている自分がいる。

 

不安、心配、寂しい、怖い、悲しい。

 

自分だけ。

 

恋愛や結婚を引き寄せる方法

 

さまざまな出会いを引き寄せる

 

結婚したくて婚活するのは普通の行動。

 

男性との出会いを増やさないといけないですからね。

 

結婚相談所に入ったり、婚活パーティーに参加したり、行動しないと始まらないからです。

 

男性と出会う為には男性がいる場所に行く。

 

グレーのエネルギーに包まれた状態で頑張るのです。

 

ただ、本当は男性と出会うことだけに限定するのはなく、新たな友達を増やすという考え方にした方がいい。

 

年齢関係なく、同性異性関係なく “出会いを増やす”という考えで行動してみることが大事です。

 

「婚活」ではなく「出会い」です。

 

異性と出会うことだけが目的の「婚活」とは違います。

 

婚活から外れて、ますます結婚から離れてしまうと思いがちですが、それは人間世界にある考え方です。

 

出会いって、何がきっかけで、どこから起きるか(来るのか)本当は分からないのです。

 

結婚に焦り始めると、それを見失い「男性だけと、たくさん出会わなければならない」と偏ってしまうのです。

 

婚活として男性と会うことだけではなく、もっと自分が楽しめる、ピンクのエネルギーに包まれる出会いをするのです。

 

男性との出会いに直結していないように見えて、それが運命の出会いに繋がることがあるのです。

 

なぜなら引き寄せの法則は、 “ピンクのエネルギー”と “たまたま” と “偶然”が、きっかけで奇跡と感じることを起こすからです。

 

おすすめ記事

幸せはピンクのエネルギーが運んでくれる

プロポーズや電撃結婚を引き寄せる