辛いことがあったり、辛い状況で過ごしている。

 

落ち込むことがあったり、いま落ち込んでいる。

 

日々頑張って生活していても、生きていると色々あります。

 

自分の想像していたことと違ったり、予定通りに行かなかったり、望んでいない状況になったり、上手く行かなかったり。

 

本当に疲れちゃう。

 

こういう時、抗うと疲弊します。

 

でも、普通は何とかしようと思いますよね。

 

何とか出来るレベルなら、そう大きな問題ではない。

 

事がこれ以上悪化しないように手を打てばいい。

 

だた、ついつい余計にかき回し過ぎたり、いじくり回したりしてしまう。

 

そっとしておけばいいのに、裏返したり混ぜたりしてしまう料理みたい。

 

「放置して置くこと」が不安になるから。

 

関わっている方が、まだ安心する。

 

けして好転しなくても、関わっていれば何とかなると思うから。

 

期待しない方が楽、期待しなければ悩みはない

favim_com-2043

 

これ、始めから諦めているような、投げやりで放棄しているように感じますか。

 

文字だけ見るとそう感じますよね。

 

目標や期待や向上心があるから、何でも頑張れる。

 

夢や願いを叶えるために、物ごとがスムーズに進むように、摩擦や対立を防ぐために、周囲と協調性を保ちながらバランスを取りながら何ごとにも関わっている。

 

きっと○○してくれるはず。
絶対○○になるはず。

 

私がこうしたんだから、相手はこうしてくれるはず。

 

いつも私がしているから、今度は相手がしてくれるはず。

 

こうなったら、こうなるはず。
ああなったら、ああするべき。

 

自分の望み通りになることを、最初から期待している。

 

期待通りになれば、気持ちよく満足する。

 

期待と違うと、イラついたり、気分悪かったり、不機嫌になったりしてしまう。

 

気付かないうちに、自己中で身勝手になってしまう。

 

自分に近い存在であればあるほど、これが強く出る。

 

自分より遠い他人には気を使うのに、自分に近く本当は一番大事な存在のはずの、親、夫婦、恋人、親友にわがままになり、さまざまな期待をしてしまう。

 

夫婦も新婚当時は自分のことより、相手を優先して考えるのでラブラブでいられる。

 

恋人同士も付き合い当初は、相手のことを尊重するし気も使うので、新鮮でドキドキするのです。

 

友達同士も気遣いをしながら、相手の考えも尊重しながら関係が深まり、いつしか親友になって行く。

 

この時期は自分の望みを相手に強く抱かない。

 

期待や想像と結果が違っても受け入れる。

 

初めは誰もがこんなはず。

 

「そうなんだ・・・」「こう思うんだ・・・」と、自分の考えと異なっても受け入れる。

 

納得出来なくても、認めなくても “受け入れる”

 

期待しなければ結果が違っても受け入れられる。

 

落ち込まずに苦しまずに悩まない。

 

結果的に自分が楽になる。

 

誰にでもどんなことにも、自分の価値観や理想を当てはめない。

 

勘違いしないで下さい。

 

最初から、諦めることを勧めているのではないですよ。

 

あなたの望む期待が得られなかった時の考え方です。

 

「こうして欲しい」「ああなってくれるはず」などの、期待を持つのは自由だしいいのです。

 

ただ、もし結果が自分の期待と違っても、
“しょうがない”
“まっ、いいっか”
“これもありか” って受け入れる。

 

諦めるのではなく受け入れるってこと。

 

受け入れるとイライラもしない。

 

受け入れると辛くない。

 

そして、大事なこと。

 

結果の違いを受け入れてから、次の段階をちゃんと考えるってことです。

 

実際は、こんなふうに考えられないことの方が多い。(私もそう)

 

それでも、こう考えられるなら、こう考えた方が「自分が楽」ということ。

 

引き寄せの法則は「自分にとって都合がいい」ことを引き寄せる。

 

これと同じように「自分が楽」になる考え方の1つです。

 

おすすめ記事

引き寄せの法則で人間関係や苦しみからの脱出

全てを理解することより使いたいことを正しく知る

引き寄せの難題は執着を手放すこと