付き合っている人がいない場合、身近に気になる相手がいない場合。

 

相手を見つける手段は、ひと昔前はお見合いや紹介が主流だったはず。

 

知り合いや親戚から、持ち込まれるお見合い相手。

 

身元がはっきりしているのはいいが気乗りはしない。

 

それに比べていまは、親戚も多くなかったり、付き合いも頻繁ではなかったりする。

 

知り合いに「結婚相手を紹介して」と、言ったところで紹介される訳でもない。

 

結婚を前提にした紹介って、いまこんな感じな気がします。

 

昔は、そもそも出会いの方法や手段が少ないから、お見合いで出会う方法が一番身近だったのではないでしょうか。

 

自由意志で自分の意見が尊重される現代ってありがたい。

 

ただ逆に、自由だし手段もあるし情報もたくさんあるから、なかなか決断出来ない。

 

もっともっとと、上を求めてしまう気がする。

 

お見合いや紹介を除いた、結婚相手と出会う方法3つを比べてみました。

 

結婚相談所 VS 婚活パーティー VS ネット婚活

christmas-couple-lights-love-favim-com-3801227

 

まず結婚相談所。

 

結婚相談所には、結婚をしたい人しかいないという絶対的な安心感はある。

 

入会審査や料金も掛かるので、軽い気持ちでは入らない。

 

結婚したい人が、決意を持って最終選択肢として選んでいる気もする。

 

独身証明や身分証明もされていて、年収や家族構成を第三者が確認しているので、プロフィール上に大きな嘘はないと思います。

 

ある程度有名で、創業期間も長ければ信用や安心も出来る。

 

そして、事前に伝えておいた希望条件の中から探してくれたり、担当者がお勧めの相手を紹介してくれる利便さ。

 

要は、相手探しの手間に関してショートカットが出来る。

 

ただし、この中では一番料金が掛かかります。

 

入会金や月会費や紹介料、そして成婚料が必要なところもあります。

 

次は、婚活パーティー。

 

これは、行動力が必須です。

 

婚活パーティーを見つけるのは、年齢が高くなければ比較的簡単だと思います。

 

ただ、その中から年齢層や場所や会費等を比較し、そこに出向く意欲と行動力。

 

参加者全員と会話しなくてはならないが、気になる人がいたりカップルになれたらお得。

 

だが、それはなかなか難しい。

 

男女比が不釣合いなことや、全く収穫のないこともざらだと思う。

 

女性は身支度にも時間を掛けた分、がっかりですよね。

 

高くない会費だけが慰めです。

 

最後にネット婚活。

 

これが一番ハードルが低いです。

 

身分証明や独身証明を提出することもありますが、気楽に出来るのがネットで相手を探すこと。

 

ただ、これはもうひと言に尽きる。

 

玉石混淆(ぎょくせきこんごう)

 

良いも悪いも、嘘も本当も全てがある。

 

嘘の中から本当を見つける。本当の中から嘘を見つける。

 

既婚者も、ただ女性を探している人も、違う意図で登録している人もいる。

 

プロフィールに嘘も、写真に嘘もあると思う。

 

ただし、女性が本気で探しているように、本気で登録し探している男性もいる。

 

だから、玉石混淆なのです。

 

見抜く力、読み取る力、洞察力が必要ですね。

 

結婚相談所 VS 婚活パーティー VS ネット婚活。

 

どれにも、利点欠点があります。

 

自由意志で選択肢が多い時代、全て自己責任で行動できる。

 

時間をお金で買った方がいい場合もある。

 

安心に対価を払った方が、結果的に近道だったり良かったりすることもある。

 

自分の考えに合ったベストを見つけるしかない。

 

関連記事

引き寄せの法則の思い込み|結婚の勝ち組負け組み

恋愛じゃなくて結婚したい|アラフォー女子おひとりさまの懇願