独身なら、全ての出会いが結婚相手になる可能性がある。

 

出会った相手が結婚する相手になるのか。

 

その見極め方。

 

今回は、ただの結婚する相手ではない。

 

末永く幸せでいられる、相手の選び方や決め手です。

 

赤の他人から、何かのきっかけで顔見知りになる。

 

顔見知りから知り合いになり友人に進展する。

 

赤の他人→顔見知り→知人→友人。

 

一揆に進む場合もあれば、少しずつ進む場合もある。

 

ここまではよくあること。

 

重要なのはこの先。

 

大きな分岐点になるのは、ここからです。

 

赤の他人→顔見知り→知人→友人→恋人→結婚相手。

 

全ての→には、さまざまな出来事があり進んで行く。

 

友人から恋人へ進む場合の決め手。

 

「異性を感じるか」

 

相手を男性として見られるかです。

 

これは、早い段階で本能で感じる部分でもある。

 

それを、目の前の男性に感じるか。

 

友達から恋人に進めるかの分かれ道に、尊敬や気楽さや楽しさや相性もある。

 

ただ、もっと手前の部分で必要なことが「異性を感じるか」です。

 

感じなければ進展はないと思う。

 

男女の親友は成り立つのか?

 

この答えは難しい。

 

男性は無いというが、女性はあるという。

 

この違いは男性の性(さが)だと思う。

 

出会った相手とは幸せになれるか?

abledate-abledatecom-favim_com-3570878

 

出会った男性と幸せな生活が送れるか?

 

結婚相手の選び方や見極め方には何が必要なのか?

 

だたし、前もって伝えて起きます。

 

あなたが結婚相手を選別しているように、相手も選別しています。

 

あなたが相手の嫌な部分を感じているように、相手もあなたに感じています。

 

あなたが相手を選ばないように、相手もあなたを選ばない場合もあります。

 

そして結婚は、するまでよりしてからが長いのです。

 

結婚して1、2年で別れるのは、やはり何かを見極められなかったこと。

 

そして、育もうとする、お互いの思いやりや努力がなかったため。

 

恋愛中は分からなかったこと、関わらなくてもよかったことも、結婚したら出て来ます。

 

それを、受け入れ認め許せないと結婚生活は続きません。

 

長く結婚している夫婦は、それがお互い出来ているから継続するのです。

 

難しいことや許せないことも出て来ます。

 

日々の生活は、あなたの人生そのものになるからです

 

これは、最初の1、2年では分かりません。

 

まだ、ラブラブ期間で我慢が出来るからです。

 

大事なのはここから先です。

 

お金があっても、ステイタスが高くて、ルックスが良いと見落としてしまいがち。

 

高所得者や社会的地位がある人と結婚出来たら、勝った気になる。

 

ヤッター!!

 

って、正直思うでしょ。

 

羨ましがる同僚に「そんなことないよ~」とか、言っちゃうんでしょ。

 

でも、本当はフフフって思っているよね。

 

確かに、そんな男性から選んで貰えたんだからね。

 

結婚の入り口→途中→ゴールとあったら、入り口は圧勝している感じです。

 

でも今回は、一番長い “途中”の何十年の部分です。

 

この期間を、ケンカしながらも継続出来るのは、やはりお互い相手が必要だからです。

 

なんだかんだ言っても、この人しかいないと思えるかです。

 

結婚相手の決め手として大事なこと

background-beautiful-beauty-and-the-beast-disney-favim-com-4901362

 

お互いのペースや温度が似ていて、嫌なことが似ていること

 

ペースや温度とはこれです。

 

大勢でワイワイするのが好きな相手と、静かに過ごす方が好きな自分。

 

身内全ての距離が近く常に連絡取り合う相手と、必要以上に距離を取らないで大事な時だけでいいと思う自分。

 

休日は外に行きたい相手、休日は自宅でゆっくりしたい自分。

 

どんどん決めてくれる相手、一緒に相談しながら決めたい自分。

 

ほんのいち例ですがこれが、これがペースと温度差です。

 

そして、好きなことは違っていてもいいので、嫌いなことが同じ方がいい。

 

許せないこと、嫌いなこと、ダメなことなどが同じな方が断然いいです。

 

自分が絶対許せない行為に、相手は何とも思わない場合。

 

それが続くと辛いです。

 

「好きなことが同じなんです~」と言いがちですが、好きなことより嫌いなことが似ている方が、長続きには大事です。

 

全てが同じ人はいません。

 

血の繋がっている親兄弟とも、分かり合えないこともあるのです。

 

結婚相手は赤の他人なんです。

 

そして、何もかもと欲張っていたらダメです。

 

自分にとって大事なことを考え、あとは成長すること、器の大きな女性になることです。

 

上手く行かなくなったら、早い段階で軌道修正するのです。

 

そこからどう展開するか考えるのです。

 

独りよがりになってはダメです。

 

結婚生活は2人で育むものだからです。

 

ここにも法則が作用すると、引き寄せの定義である「自分にとって都合がいい」相手と出会えます!

 

おすすめ記事

あなたの人生は全てあなたの選択で決まっていく

引き寄せの法則で電撃結婚をした人

引き寄せで分かる|願望達成方法とその前兆