「仕事が忙しい彼となかなか会えない」

「仕事が忙しいって本当なのか?嫌われているのではないのか」

「忙しい彼に自分は必要なのだろうか?」

 

彼が忙しいと、女性はこんな気持ちになりますよね。

 

そもそも、「これで付き合っているって言えるのか!」って、気持ちになる。

 

ある時期を境にして「忙しくて」とか「忙しくて暫く会えない」的なこと言われたら。

 

ガーン・・・

 

一気に不安が襲ってくる。

 

グレーのエネルギーが出現し始める。

 

そして、実際に会えなくなり連絡が減ってくると、上記のような不安な気持ちになり始める。

 

女性は男性より恋愛に重きを置くし、どうしても恋愛の状態が心と体のバランスに影響する。

 

彼と「幸せな基準」が一致していれば幸せだし、一致していないと不安になる。

 

この質問には、こんな返事が来れば「安心」

 

この対応に、こんな態度だと「不安」

 

少しでもズレると、疑問を持ったり不安になったりする。

 

そして、この不安な気持ちや、疑問を早く解消したいから、余計なことをしてしまう。

 

この余計なことが、関係を悪くしてしまったり、なかったゴタゴタを生んでしまったりする。

 

「何で、あんな事を言ってしまったのだろう」「どうして、あんな事をしてしまったのだろう」

 

後悔先に立たず。

 

こんなときは、こうするに限る

手放すこと。

放置すること。

保留にすること。

 

男女の関係では答えを急がない。

 

仕事が多忙な男性や彼にも、ケンカしてしまった彼にも、急いでどうにかしようと思わない。

 

100%自分が悪い場合は違いますが、ちょっとした原因で距離を感じたり、仕事が多忙で自分の存在が蔑ろにされているように感じるときは、これに限る。

 

男性は女性のようにフルタイムで恋愛をしない。

 

仕事にやりがいを感じたり、責任ある立場になって来ると、仕事の方に意識が向かう。

 

この状況に彼が突入すると、一気に彼女は不安になる。

 

大波小波はあるけれど、仕事を頑張って会社で認められたい男性なら、出世する男性なら、こんな時期は必ず訪れる。

 

こんな時期に、あなたと付き合っていたら。

 

こんな時に、あなたが彼を責めたり、あなたの安心する状況を求めたり、あなたが満足する答えを迫ったりしたら。

 

彼は一気にあなたに冷めたり、あなたの存在が重くなったり、あなたと別れたくなったりする。

 

全ては必ず変化する。

 

状況は必ず動きます。変化します。

 

残念ながら、短くない場合もあります。

 

それでも、あなたから急いで答えを求めない方がいい。

 

自分の不安を取り除くために、急いで結論を出さない方がいい。

 

こんなときは絶対に手放すことです。

 

放置して保留にしておくこと。

 

いまの関係は放置する。答えは一旦保留にする。

 

ただ、これは、あなたがいま別れたくない場合。

 

そして彼が遊びではない場合。

 

本気じゃない男性や既婚男性も、「忙しい」という状況を作りがちです。

 

ときには「心意」の裏取りが必要なときもある。

 

発言<行動

 

そして、彼に気を使い過ぎることも無用。

 

忙しいのは彼自身。

 

立場を尊重してあげるのは必要だけど、気を使い過ぎたり、自分ばかりが犠牲(苦労)になったりする必要はない。

 

彼からいつ電話が来てもスタンバイOKでいたり、彼からいつ誘われてもスケジュールを空けておく必要はない。

 

自分の大切な時間を無駄にしない。

 

上手に一旦手放し、賢く一旦保留にしておくだけ。

 

自分にも自分の生活や人生がある。

 

こんな気持ちでいれば、引き寄せの法則は作用します。

 

あなたにとって、良い方向に。

 

おすすめ記事

引き寄せのコツ|未来をワクワクするのではなく、今をワクワクするのです