「引き寄せの法則で願いを叶える」→ 法則で願いを叶えることは出来る。

 

間違ってはいないです。

 

願いがある私達には、何よりタイトルが魅力的です。

 

ただ、補足が必要だし取扱説明書を付けたい。

 

嚙み砕いて補足すると・・・

 

引き寄せの法則という願いを叶える仕組みが存在する。

 

この仕組みは、誰でも何にでも使える。

 

この法則が作用すると、あなたの願いが叶い始める。

 

願いに近づく際には、たまたまや偶然という出来事に遭遇する。

 

引き寄せの法則を発動させるには、正しい使い方を知って行動すること。

 

ここまで本当は必要です。

 

これが、ギューっと凝縮されたのが冒頭です。

 

結婚の勝ち組と負け組

beauty-black-casual-chic-favim-com-4612210

 

気になるワードを発見。

 

結婚には勝ち負けがあるらしく、それに女性は翻弄されている。

 

【勝ち組とは】

結婚相手が高収入で、車所有や高級マンション所有。国家公務員、会社経営、医者、上場企業勤務、長男以外。

 

こんな感じだったかな。

 

分かりやすいですよね。

 

確かにステイタスは高いし、こんな男性と結婚出来たら素直に羨ましい。

 

結婚出来たら・・・入り口は確かに羨ましいし。

 

友達に自慢したくなってしまうかも。

 

入口は眩しく輝いている。

 

入口だけはね。

 

そして、こんなステイタスで持っているモノが凄い分、それに見合う女性を男性も求める。

 

男性側にしたらあたり前。

 

貧しくて影で生活していた子に、スポットライトがあたり、シンデレラストーリーを歩める。

 

こんな奇跡「自分にはご縁ないわ~」ってね。

 

“入口” で見分ける、勝ち組は分かりやすい。

 

肩書のインパクト大だし、日本人って肩書に弱いから。

 

でも、本当の勝ち負けの判断は、トータルで考えるのが正しいと思うのです。

 

こんな肩書やステイタスの人に女性は群がりがち。

 

盛大に結婚式上げて1年後離婚。

 

これ勝ってますか?

 

負けじゃない?

 

ステイタスのある男性と、結婚生活を継続出来なかった原因。

 

入口の豪華なゲートばかりに目が行くし、入れるものなら入りたいですよね。

 

で、実際入ってみたら・・・

 

苦痛で居心地悪くて、想像と違うことなんてざら。

 

どんな結婚も、月日と共に想像や理想と変わるものです。

 

最後は人と人。相性と努力と思いやり。

 

なーんか、きれいごと過ぎかも知れないけど本当です。

 

お互いの汚い部分、嫌な部分は見えるし、我慢や努力も付いて来ます。

 

これに許せたり我慢出来たり、何年も何十年も、お互いを大事に思える関係を維持出来るか。

 

10年20年経っても、健康で大きな問題や悩みなく仲良くいられるのが、本当の勝ち組ではないかと思うのです。

 

おすすめ記事

引き寄せの法則本|あなたの知ってる知識は本から

引き寄せの法則でお金持ちと結婚し幸せになりたい