全ての法則の書籍には、明るい未来をイメージすることが「欠かせないこと」と共通し書かれている。

 

これに類似する質問に「叶えたいことをノートに書いた方がいいですか?」「書き出すことで、願いが引き寄せられるのは本当ですか?」「イメージするのは寝る前がいいのですか?」等がある。

 

出会いもなく退屈な毎日なのに、お金持ちでかっこいい旦那様をイメージしてノートに書き出したり、嫌なことばかりな毎日でもポジティブな未来をイメージする。

 

これさえ出来れば、私の願いもきっと叶うって信じている!

 

いや本心は信じてはいないはず。

 

きっと信じたいだけだと思う。

 

本音に嘘を付き無理しないと、法則は作用しないって理解しちゃっている?

 

嘘を付かないと引き寄せの法則は使えない?

 

現実は辛いのに、そんな嘘で好転するって本気で思ってます?

 

理想論や前向きな綺麗ごとばかりの文字が並ぶ世間の書籍。

 

現実は、ほぼ不可能で無理なことしか書かれていない。

 

あなたが引き寄せ本を何冊読んでも、確信が持てずいつもスッキリしないのは、この理想論と現実の差が解消されずに、良いことばかりが書かれている本に振り回されているからです。

 

紙に書くなんてしたければする、面倒だったらしない程度でいいのです。

 

頭や気持ちを整理するために書き出す行為はとても良いし、書いたことを見ることで自分を鼓舞出来るならそれもとても良いこと。

 

表面的なことばかりの引き寄せの法則

 

いつまで経ってもモヤモヤした部分が解消出来ない、どの本を読んでも答えを見つけられないと思うのは、著者自身が本当は分かっていないからだと推測しています。

 

それはこんな感じ。

 

Aという本を読んだB子さんがいたとします。

 

B子さんはこのAの本を読んで理解出来た気になり、新たにCという本を書いた。

 

D子さんはこのCの本を読んで分かった気になり、新たにEという本を書いた。

 

こうして似たようなACEの本が出来上がる。

 

表面的なことは簡単に理解出来るのが、引き寄せの法則の特徴でもあります。

 

表面的なことだけ、全てはこの「分かったつもりの連鎖」だと感じる。

 

だから、共通して同じようなことが書かれているのと同時に、どれを読んでも共通した疑問やモヤモヤも残りスッキリしないのです。