書籍などで説明されている、引き寄せの法則の内容は、明るい未来をイメージして、叶ったようにイメージするって書かれています。

 

よく質問されることに、「叶えたいことをノートに書いたほうがいいですか?」「ノートや手帳に書き出すことで、願いが引き寄せられるのは本当ですか?」「イメージするのは寝る前がいいのですか?」などがあります。

 

現実は辛くても、心を騙しながら現状は棚に上げ、お金持ちでかっこいい未来の旦那様をイメージし、ノートに書き出すってことですよね。

 

ストレスや嫌なことが多い時でも、毎日常にポジティブに未来をイメージしなくてはいけないってことですよね。

 

こんなの、自分に嘘つき無理しないと、100%出来ないことです。

 

こんな嘘を自分に付かないと、引き寄せの法則は使えないの?!

 

現実は辛いのに出来ますか?

 

こんな理想論や綺麗ごとには騙されないわよ!

 

とはいっても、実際は理想論や前向きな言葉ばかりが並んだ書籍が多い。

 

現実は、ほぼ不可能で無理なことしか書かれていない、法則本が多いのが現実です。

 

あなたが、どんな引き寄せ本を読んでも、何冊読んでも、大きな疑問が残り、確信が持てずいつもスッキリしないのは

 

この、理想論と現実の差が解消されずに、良いことばかりが書かれている本に振り回されているからなのです。

 

手帳やノートに書き出したからって、願いは叶うと思っていてはダメですよ!

 

書き出したければ書き出す、面倒だったらしない。こんなレベルで、この程度の差なのです。

 

頭を整理したい、気持ちを整理してやることをまとめたい。

 

この場合は、書き出す行為はとても良いし意味はあります。

 

また、書いたことを見ることで、自分を鼓舞出来るならそれもOKです。

 

全てが表面的要素

 

ただ、いつまで経ってもモヤモヤした部分が解消出来ない、どの本を読んでも、その答えを見つけられないし、どこにも書かれないと思うのは

 

多くの著者自身が、本当は分かっていないからだと推測しています。

 

Aという本を読んだB子さんがいたとします。

 

B子さんはこのAの本を読んで、理解したと思い、新たにCという本を書いた。

 

今度、D子さんはこのCの本を読んで、同じように分かった気になり、新にEという本を書いた。

 

表面的なことは簡単に理解出来るのが、引き寄せの法則の特徴です。

 

全ては、この「分かったつもりの連鎖」だと感じています。

 

だから、同じようなことが書かれているけど、どれも同じようなモヤモヤ感が残ってスッキリしないのです。