「信じる者は救われる」とか、「信じれば願いは叶う」とか言いますよね。

 

強く願うと実際叶うのでしょうか。

 

強く思って叶った人は、本当に強く思っていただけなのでしょうか。

 

そもそも強く願うって、どんな状態を指すのでしょうか。

 

毎日「叶え叶え」と、願っていることでしょうか。

 

強く願うと願望が熟成されたり成長したりして、実現速度が加速するのでしょうか。

 

強い思いって、カチカチになった粘土のようなイメージがする。

 

重たくて硬くて力を入れないと形を変えられない粘土。

 

強い思いって、どちらかというとネガティブ。

 

何も寄せ付けない、何も受け入れない、バリアがある感じがします。

 

強い思いは表現を変えると「強い執着」です。

 

「執着」は、願望達成の邪魔以外ありません。

 

執着って、そのことに囚われている状態で、叶っていないから抱く感情です。

 

エネルギーが硬くて重くていっさい他を受け入れない感じ。

 

せっかく良いエネルギーが届いても、良い情報があってもはじいている状態な気がする。

 

気持ちも考えも柔らい方がいいのです。

 

柔軟に動け、形を変えられる動きがある方が楽だし幸せ度が高いのです。

 

信念とか根性とは別です。

 

もし、あなたが強い思いに囚われていたら、そこから開放されないと願いを引き寄せることは出来ません。

 

考えてしまう自分から開放されたくないですか?

 

その開放される状態が、執着を手放す状態なのです。

 

いきなり全部を手放すことなど出来ません。

 

と、いうか不可能です。

 

ますは、小さくて囚われた状態の鎖から取り除くことです。

 

イメージして下さいね、執着して苦しくなる自分を。

 

引き寄せを理解するのにイメージ力は大切です。