シンクロニシティ(シンクロ)とは、意味のある偶然の一致。

 

自分だけが感じて気付く関係することが、短期間短時間に連続して現れること。

 

ここから、分りやすく例え話で説明しますね。

 

あなたと友達で食事に行きました。

 

店内の雰囲気や集う人にも注目しながら、お料理を満喫しました。

 

食後はショッピングやお茶をし楽しみました。

 

この2人の行動や動線はほぼ同じ、楽しんでいる内容も見ている光景もほぼ同じです。

 

違いがあるのは、自分だけしか分からない感情部分。

 

レストランの食器に、あなたの大好きなパリのエッフェル塔のイラストが小さく描かれていたとする。

 

あなたはパリが好きだから、お皿の小さなエッフェル塔にも気付いた。

 

ショッピングをしていると、エッフェル塔のレターセットを見つけ「またエッフェル塔だ」と思った。

 

信号待ちをしていると、外国人観光客から聞こえる会話がフランス語だった。

 

パリが大好きなあなたは、食器、レターセット、フランス語と一連の偶然に繋がりを感じるはず。

 

自分だけが分り気付いた、短時間での繋がり。

 

友人と同じ時間、同じ場所、同じ行動をしていても、あなただけが意味のある繋がりを感じる

 

この連続する出来事が、あなたに起きたシンクロ現象です。

 

ただの偶然とスルーしてしまう小さなシンクロから、驚くレベルの凄い偶然のシンクロまであります。

 

別々に見えても全ては繋がっている。

 

北海道にある山、関東にある山、九州にある山。

 

離れた場所にある無関係の山だけど、地面では繋がっている。

 

どんなに距離が離れていても、見えない地面の中では繋がっている。

 

日本海の波とハワイの海の波。

 

波の1つ1つは遠く離れた別の波でも海は繋がっている。

 

札幌で働く30歳のショップ店員、東京で働く28歳の派遣社員、そして福岡の銀行で働く45歳の女性係長。

 

全くの他人で無関係だと思うし、そう決め付けている。

 

でも、実は山や波と人も同じ。

 

見えない部分(潜在意識や深層意識など)は、人間も繋がっている。

 

人の感情や願いは浸透して伝わり、共鳴しシンクロが起きる。

 

宇宙は全て繋がっている。

 

親友、恋人、夫婦も元々は赤の他人。

 

生まれた瞬間から違う場所で生き、違うご飯を食べ、違う青春を生き、何もかも違っていた。

 

それがある時、シンクロし合い引き寄せ合い出会う。

 

いま隣にいる人もそう。

 

凄いドラマチックに用意されたシンクロ現象。

 

そこから結婚して子供が生れて命が繋がる。

 

全ては繋がっているから、因果応報の現象もこうし起きるのかも知れませんね。

 

関連記事

引き寄せの予感は幸運のシンクロニシティ