「イメージはどのようにすればいいですか?」「自分のイメージ方法が、正しいのか分からない」

 

「イメージする」ことが、苦手な人が意外と多いのに驚きました。

 

「私はイメージが苦手で、やり方が分かりません」という方達に、どのようにイメージをしているか尋ねると

 

「結婚式のイメージをする」「式場やドレスを着ている自分をイメージする」「式場を選んでいる時の、ワクワク感をイメージする」

 

「両親へお手紙を読んでいるイメージをする」「結婚指輪をはめるイメージや結婚式そのもの、その前後の行事をイメージしています」と、言われます。

 

イメージしている時はどんな感じで、何を感じたか伺ってみると

 

「イメージは出来るけどしっくりしない」「イメージしていても惨めな気持ちにもなる」「このイメージでいいのか疑問になる」

 

イメージしている映像を伺うと、「自分や相手をイメージしている」「周囲も少しイメージしている」

 

こんな感じでした。

 

イメージの仕方は、本人でなければ正しくは分かりませんが、ワザの問題より、心底楽しめない状態で、疑問を持ちながらイメージしているということです。

 

イメージ映像なんて個人差があっていいのです。

 

この方法以外は絶対ダメ、などはないのです。

 

心底喜ぶイメージや、心からワクワク出来る感覚を、そもそも抱けないのです。

 

結婚したいから結婚式をイメージするって、やや安易です。

 

このセレモニーが、あなたの本当の願いなら問題ありません。

 

でも、殆どの方が求めていることは、結婚式のセレモニーではなく、幸せな結婚生活です。

 

結婚式があなたの目的ではなく、ただの入口です。

 

間違ったイメージの仕方

 

イメージに違和感があるなら、そのイメージ方法は無意味です。

 

別のしっくりするイメージ方法に変えることをお勧めします。

 

イメージに違和感なく、ウキウキ出来るなら、結婚式でなくても何でもいいのです。

 

少し難しいですが私のやり方を教えます。

 

普段の生活の中で願望が叶った瞬間の感情を、未来の自分の感情に移すのです。

 

現実の幸せの感情を未来も同じように感じていると、錯覚させてしまうのです。

 

ピンクのエネルギーが出ている時の感情を、まだ訪れていない未来の感情にコピーするのです。

 

これは、ややテクニックがいるので難しいかも知れません。

 

現実に、幸せを感じている瞬間の感情には嘘がないので、無理してイメージする「結婚式のイメージ」と大きな差があります。

 

ピンクのエネルギーを感じている瞬間に、ふと閃く未来の理想の自分。

 

未来の自分にも、この感情を抱けるということは、その未来の自分は、幸せな気持ちでいられているという先取り方です。

 

これが出来ると、イメージしないで一瞬でピンクの感情を移せます。

 

このテクニックは難しいですが、簡単なイメージは幸せで笑っている自分の笑顔です。

 

笑顔のイメージが願望達成の1つの答えなのです。

 

また、イメージする時間や長さは関係ありません。したい時にしたいだけでいいのです。

 

因みに私は、前述のテクニック時は1、2秒。あとはトイレの時と寝る時です。