最近、結婚願望の強い女性が多い気がする。

 

不安な時代だからか、それとも女性が自己主張出来るようになったからなのか。

 

私が20代の時、周囲に結婚のけの字も発言する人はいなかった。

 

それが今では、20代でも「結婚したい!」「結婚願望強いです!」と、堂々と言う。

 

嘘~本当?どうして?と、必ず聞いてしまう私。

 

「えーしたいです」「安心したいんです」「落ち着きたいんです」

 

大体こんな返答が来る。

 

20代で安心したい、落ち着きたいのか・・・

 

これが、30代40代になれば倍増する。

 

不安も焦りも大きくなり恐くなってしまう。

 

人間その者は今も昔も変わらない。

 

50年前の人と同じ細胞だし、臓器が進化したり、新たな脳細胞が増えた訳ではない。

 

要は、環境や世の中が変化して、人間の考えがそれに影響を受けて変化した結果ですよね。

 

良い悪いは分からない。

 

けど、不安を感じる時代にはなってしまった。

 

20代の結婚願望は、まぁ置いておく。

 

あなた方には、まだまだ余裕がある。

 

何だかんだ言っても、心の底では「まだまだイケる!」って、絶対思っている!

 

「そんなこと、思ってませ~ん」って。

 

口角が上がっている、顔がにやけている。

 

“お姉さま” は、騙されません。

 

20代がまだ知らない経験を、お姉さま方は数々経験しているのです。

 

アラフォーの結婚願望

 

問題は、アラフォー世代の結婚願望です。

 

強い結婚願望からの焦りと執着です。

 

では、この世代の男性心理はどうなのでしょう。

 

先日、こんな記事タイトルを見つけてしまった。

 

結婚していない独身男性の意見。

 

「結婚相手は、若い方がいいに決まっている!」

 

くーーーーー!!

 

やはりこの国の男子はロリコンです。

 

ヨーロッパの男性のような “年齢を重ねた大人の女性の方が魅力がある”

 

こんな思考の方はないようです。

 

残念です。

 

でも、男性側に立てば、全てを批判するのは違う。

 

いい年した40代の男が「女性は20代が絶対いい!」って言うなら、潰してしまいましょう!

 

ただ、20代30代の男性が、こう思うのはあたり前。

 

時々、現れるレアケースが「熟女好き」

 

出会った20代のイケメンは、恋愛対象が熟女しかないらしく、合コンにも参加しないそう。

 

彼の対象は、40代後半から50代らしいです。

 

慶応出身で仕事も出来て、何よりイケメン。

 

疑っていた私に「彼、マジですから」と、彼と同じ年の女性が言っていました。

 

話を戻します。

 

アラフォー女性が望む相手の年齢は、同年代や少し上位ですか?

 

では、この世代の男性の結婚願望はどうなのでしょう。

 

男性も結婚したいはず

rain-love-cute-couple-boy-favim_com-543941

 

アラフォーの男性も、結婚願望は確実にあるはずです。

 

「ひとりは不安」「ひとりは寂しい」に、個人差はあっても男女差はないと思うからです。

 

男女差があるのは、女性が男性に経済力を求めること。

 

高所得者ばかりを求めていなくても、絶対に「仕事を辞めて家庭に入りたい」とか「お金の心配をなくしたい」と本音にはある。

 

正直にね。

 

ここを、男性も敏感に感じ取ると思うのです。

 

口にしなくても分かるし感じる。

 

特に 結婚を焦っている大半の女性の根底にあると思うのです。

 

仕事が好きで辞める気がないとか、高収入の女性にはこの焦りはない。

 

そして、子供が欲しいからも繋がる。

 

子供が欲しいのに、経済力のない男性をなかなか選ばないでしょ。

 

全て、直接的に間接的に繋がっている。

 

ただしこれは、「結婚相手限定」で、探している場合の話ですからね。

 

男性側も「寄りかかりたい」「今の生活が不安で嫌だから」「仕事を辞めたい」こんな胸中を察したら逃げたいはず。

 

そして、結婚すれば男性も自分のペースが大きく変わるのが分かっている。

 

他人と暮らすこと=不自由になる。

 

結婚は我慢ばかりで、居心地の悪さしかイメージ出来なければ、男性は独身主義のままでしょう。

 

そこに、あなたと生活する幸せがイメージ出来れば、男性も結婚したいはずです。

 

結婚前にお勧めのディスカッション

cafe-coffee-inspiration-tea-favim_com-3571003

 

私のお勧めは、お互いの条件(気持ち)を、先に伝えてしまうこと。

 

あれ嫌これ嫌を伝えておくこと。

 

それに一致したら、生活してから「こんなはずじゃなかった!」と、ならないから。

 

あれ嫌これ嫌が、お互い完全に一致することはない。

 

折り合いだし、譲り合いだし、話し合い。

 

でも、確実に良いことがある。

 

 “相手の嫌がること” が、分かっていることです。

 

相手の好きなことを知るより、相手が嫌がることを知っている方が、生活する上では絶対にいいです。

 

嬉しいことがあっても、嫌なことがある方が苦痛。

 

嬉しいことがなくても、嫌なこともない方が平和。

 

結婚前も結婚後も、引き寄せの作用は全てに関連して存在します。

 

グレーのエネルギーの中で、生活は上手く行きません。

 

片方がグレーでも、エネルギーは伝染するので苦痛になります。

 

グレーの出来事も、ピンクに変えるようにすることで、結婚生活が上手く行くのです。

 

結婚生活は死ぬまで続く “契約” です。

 

おすすめ記事

【断言】引き寄せで願いを叶えたければ、繰り返しに学ぶ以外ない

引き寄せの法則|強すぎる願いは叶いにくい

アラフォーが抱える孤独や不安