「母親が結婚にうるさくて辛い」「毎日、母の小言に嫌な気分になる」

 

この、ご相談はよくあります。

 

これは辛いですよね。一番身近にいる家族からの指摘。

 

時々ならまだしも、顔を見るたび結婚を急がし、結婚していない自分がダメ人間かの様な発言には、母親であっても憎しみが湧きます。

 

仕事で疲れているのに帰宅したら嫌味。

 

限界ですよね。

 

娘と母親の問題って世間には意外とあって、そして実際とても深刻なんです。

 

その証拠に関連書籍がたくさんあります。

 

 

 

 

↑ 歪んだ文字から、娘の気持ちが凄く表現されている。

 

マスコミにも取り上げられた書籍。

 

母と娘の関係の難しさって、呪縛と同じです。

 

自分がどんなに前向きでいたいと思っても、母の発言がそれを邪魔するのです。

 

母と二人暮らしなのに、毎日の様に「早く家から出て行け!」と、言われるという方もいました。

 

なぜ、娘に出て行け!などの暴言を吐くのだろうか。

 

母の感情は想像出来る。

 

「早く結婚して欲しい」

 

それが、出て行け!という表現になってしまうのだ。

 

「結婚して幸せになって欲しい、娘は幸せになれるのだろうか」

 

母の中にある心配。

 

その心配が歪んで、嫌味や暴言という形で娘を攻撃してしまう。

 

女VS女  母VS娘

 

父親の登場はあまりない。

 

父親が防波堤になってくれたり、両方の仲立ちをしてくれることは少ない。

 

母がしんどくて、母が重い場合はどうする?!

家族が平和で、仲良の良い関係がいいに決まっている。

 

あたり前の理想像。

 

ただ、こんな関係ばかりではないのが現実。

 

自分の家族の仲が良いと、その関係を別の家族にまで強要する人もいる。

 

「何でもっと親に優しく出来ないの!」
「どうして母親を大事にしないの!」
「もっと○○して上げなよ!」

 

トドメの様にこう言う、「あなたの親なんだから」

 

親子の関係って最近出来上がった訳ではない。

 

長い年月が掛かって、今の関係が出来上がっている。

 

それを、外から見ているだけなのに、最近知っただけなのに、仲良くすることだけをなぜ強要するのだろう。

 

それぞれの家族には、それぞれの事情や歴史があるのです。

 

仲良くすることが絶対かのように、強要するのは違うと私は思うのです。

 

仲良くすることが今はまだ出来ないなら、母の存在がグレーのエネルギーの源なら距離を持つ方がいいと思う。

 

関係性って変わります。

 

今と未来は全く同じではない。

 

親なので関係を切ることは出来ない、なら距離を上手に取ること。

 

その、もっともいい方法が自立することです。

 

家と距離を持つことです。

 

ここで、お金がないの言い訳は論外。

 

また、自立心が持てないのも論外。

 

この言い訳をしている人は、そもそも本気で変えたい強い気持ちはない。

 

辛いと言いながら、どこかに甘えを持っている。

 

面倒くさい母親と一緒でも、洗濯もしてくれるしご飯も出てくるしね。

 

こんな状態の人に答えはない。

 

家族の事情が自立を阻む

自立することが出来ないなら、その状況を受け入れるしかない。

 

家賃も食費も光熱費も殆ど掛かっていない状態だと思うから。

 

母の小言や嫌味も、その代価として受け入れるしかない。

 

ただ、事情があってどうしても出られない人がいるのも現実。

 

実際、そんな方もいらっしゃいました。

 

そんな方は、上記の自立とは違うところに問題がある。

 

私が受けたご相談から伝えたこと。

 

母親が嫌味言ったら、それと同じ言葉をリピートしてみて。

 

「いい年してまだ結婚しないのか!」→「ほんと、いい年してまだ結婚出来ないよね」

 

で、その後に「こんな娘でごめんね・・・」とか「ほんと、私が居て迷惑だよね・・・」など。

 

戦うのではなく、受け入れ(本当は受け入れていなくても)てしまうのです。

 

この受け入れパターンを幾つか用意するのです。

 

母親が言った言葉を繰り返す(トーンは落として)。

 

迷惑だよね、心配だよね、ダメな娘だよね的発言も、言える感情の時は付け加える。

 

ダメな娘と罵倒するなら、その娘の親はあなたなのよって、遠まわしに伝えて気付かせる。

 

けして、ケンカ腰になるのではなく、力なく弱った感じにです。

 

友達同士でも、相手から先に「ごめんね」って謝罪されると、「自分も悪かったなぁ」って必ず思います。

 

先に折れると負けた気になるかも知れませんが、実際は相手の心理にもパンチ出来ているのです。

 

負けるが勝ちってことです。

 

母親はけして娘を憎んではいない。
娘も心底憎み返してはいない。

 

根っ子にはこの絆がある。

 

そして、いつしか母娘の関係が逆転する。

 

それは、高齢になった母が小さく弱くなるから。

 

夫婦なら離婚して他人になれるけど、親子は出来ない。

 

なら、関係性の形を自分から変えるしかない。

 

自分が変われが相手も代わる。

 

引き寄せの作用はこうして働く。

 

・距離を持つこと。
・上手に相手の攻撃をかわすこと。

 

参考にしてみて下さい。

 

人間関係の苦しみから脱出する方法