偶然と必然と奇跡、この3つの違いって何でしょう。

 

何を持って偶然とし、何を必然や奇跡と表現するのでしょうか。

 

偶然のような出来事にも、必然となる前段階があったはず。

 

奇跡としか思えないことにも、幾つもの偶然と必然が気付かずにあったかも知れない。

 

となると、偶然と必然と奇跡は、線引きがあるようで無いのではないでしょうか。

 

1つ1つは違う言葉で、それぞれ意味もあるけど、全ては繋がって重なりあって絡まって起きている。

 

きっと見えない部分で、ルールに沿って起きるのだと思う。

 

日本を越えて起きた?!奇跡の連続

 

先日、確か17度目のハワイへ行った。

 

今回のハワイは特別だった。

 

偶然?いや奇跡が何度も起きたのです。

 

ハワイ到着数時間後のこと、ワイキキの外れでバスを待っていると誰かが近づいて来ました。

 

「うそー!」と、叫ばずにいられないことが起きたのです。

 

遡ること1年前のハワイでの出来事。

 

お店で食事をしていると、隣のテーブルに男性が座わり、私達に何を食べているのか尋ねて来ました。

 

30代位の笑顔で優しそうな男性は、このお店が始めてらしく何が美味しいのか知りたかった様子。

 

少し会話をして、私達はここから目的地へのルートやバス停を尋ねました。

 

しかし、男性は普段から車移動なのでバスが分からないとのことでした。

 

男性とお別れし、目の前の大型スーパーに寄り、地図を見ながらバス亭を探し始めました。

 

少し歩くと目の前から、先程別れた男性が笑顔で近づいて来たのです。

 

「わぁ!」と驚く私。どうやら心配して探してくれていたのです!

 

笑顔でカモン!と誘導してくれたので、てっきりバス停を案内してくれるのかと思っていました。

 

(もっと英語が話せたら・・・と、毎回思う私)

 

すると、男性は車で目的地まで連れて行ってくれると言うので。

 

1人なら絶対に乗らないけど、男性の雰囲気と会話の感じから不安はありませんでした。

 

自己紹介して下さり、結婚してお子さんは1人、仕事は弁護士とのことでした。

 

ランチ中だけど時間なんて気にしないで、「全然大丈夫」となんともハワイらしい。

 

途中渋滞もしていて時間も掛かってしまいましたが、目的地まで送って頂き写真を撮ってお別れしました。

 

それから1年後の今回のハワイで、全く違う場所で到着早々再会するという奇跡が起きたのです!

 

まず、男性の方が私達に気付き近づいて来てくれたのです。

 

「わーー!!」思わぬ奇跡の再会に興奮しまくり。

 

(英会話がもっと出来たらと、また反省する)

 

海水パンツの彼は海に行っていたらしいです。

 

奇跡の出逢いから始まった今回のハワイは、この後も自分の都合の良いことしか起こらないのです。

 

何度も乗っているバス。

 

30分ならまだいい、60分来ないこともザラだった昔。

 

日本と全く違うので受け入れるしかない。

 

バスアプリがある今でも、30分待つことは普通にある。

 

それが、今回ほぼ待ち時間ゼロなのです。

 

乗り換えバスも直ぐ来るし、長蛇のトローリーも私が並ぶと1分も経たずに来る。

 

「今回凄いね!彼(男性)はラッキーボーイだね」と笑いました。

 

そして帰国日。

 

「ほんと今回は凄いハワイだったね」と話しながら、空港カウンターへチェックイン。

 

「お座席アップグレードさせて頂きました」と。

 

奇跡だーー!!

 

最後の最後でまた奇跡(アップグレードの理由は説明はされませんが、多分満席移動)

 

「自分にとって都合が良いことばかり」奇跡連発の忘れられないハワイになりました。

 

彼は絶対ラッキーボーイです。