偶然と必然と奇跡の違いって何でしょう。

 

何を持って偶然とし、何を持って必然や奇跡とするのでしょうか。

 

偶然のような出来事にも、必然となる前段階があったはず。

 

奇跡としか思えないことにも、幾つもの偶然と必然が気付かずあったかも知れない。

 

となると、偶然と必然と奇跡は、線引きがあるようで無いのではないでしょうか。

 

1つ1つには、それぞれ違う言葉で意味がある。

 

だた、全ては繋がって重なりあって絡まって起きている。

 

奇跡は偶然とも言える。

 

必然な出来事も奇跡と喜ぶ。

 

偶然も必然も奇跡も、きっと見えない部分で気が付かないところで、ルールに沿った “何か”が、完成され繋がっていたのだと思う。

 

違う生活に身を置いたら奇跡の連続

 

先日、15回か16回か17回かのハワイへ行った。

 

同じホテルに1人で何回も泊まっているので、1人ハワイの数が分からなくなっている。

 

そんなハワイ旅行で今回、偶然とも奇跡とも言えることが何度も起きたのです。

 

到着数時間後、ワイキキの外れでバスを待っていると誰かが近づいて来る。

 

「うそー!」と叫ばずにいられないことが起きた。

 

1年前、ここハワイのとあるお店で食事をしていると、隣のテーブルに男性が座った。

 

私達に何を食べたのか聞いてきた。

 

私達の食べている物を伝え、少し会話をした。

 

帰り際、ここから行き先のルートやバス停を確認したが、普段の移動は車なのでバスが分からないとのこと。

 

男性とお別れし目の前の大型スーパーに一瞬より、地図を見ながらバス亭を探した。

 

少し歩くと、目の前から先程お店で別れた男性が歩いてくる。

 

どうやら私達を心配して探してくれていたのです。

 

そして、自分の車で目的地まで連れて行ってくれるというのです。

 

1人なら絶対に乗らないけど、男性の雰囲気と会話の感じから不安はありませんでした。

 

移動中、自己紹介して下さり、結婚していてお子さんは1人、お仕事は弁護士とのこと。

 

ちょうどランチ中だけど、時間とか全然大丈夫と(ハワイらしい)

 

途中渋滞もしていましたが、目的地まで送って頂き写真を撮ってお別れしました。

 

それから1年。

 

その男性と偶然、全く違う場所でハワイ到着日に再会したのです。

 

男性の方が気付き来てくれたのです。

 

海水パンツの彼は海に行っていたとのこと。

 

思わぬ奇跡の再会に興奮しまくり。

 

英会話がもっと出来たら・・・

 

奇跡の出逢いから始まった今回のハワイは、この後も自分の都合の良いことしか起こらない。

 

何度も乗ったバス。

 

30分60分来ないこともザラだった昔。

 

日本と全く違うので受け入れるしかない。

 

バスアプリがある今でも、30分待つことは普通にある。

 

それが、今回ほぼ待ち時間ゼロなのです。

 

乗り換えバスもすぐ来るし、長蛇のトローリー待ちに並ぶと1分も待つこともなく来る。

 

「今回凄いね!彼(男性)ラッキーボーイだね」と笑った。

 

そして、最後の最後に飛行機がアップグレードされるという、ラッキーな出来事も起きたのです。

 

「自分にとって都合が良いことばかり」の、連続ハワイでした。

 

執着していたことへの結果

 

旅行中は執着していたことに、必然的に執着出来ない環境になります。

 

手放した結果は、まだ大満足では全然ありません。

 

ただし

 

確実に1歩の前進がありました。

 

出発前には無かったことが、帰国したら起きていました。

 

まだ、願って行動して3ヶ月ちょっと。

 

このまま上手に手放し行動しピンクのエネルギーを使って行きます。

 

そして、4ヶ月、半年後には今より良い結果を出したいと思っています。

 

お勧め関連記事

引き寄せが成功する方法|執着を手放すとどうなるのか?
引き寄せの法則と類は友を呼ぶ|無意識で不思議な繋がり