始めて会った人なのに共通する繋がりあったり、始めて経験するのに見えない部分に関わりを感じたりすることがある。

 

こんな時に、この瞬間に、見えない縁を感じる。

 

「見えない部分で繋がっている」と、ひとり驚き感激する。

 

これは、けして “人の縁” だけではない。

 

出来事でも場所でも物にでも、縁を感じることはある。

 

不思議ですよね。

 

それが、大きな出来事だったり、深いことだったりすると、より意味深く感じる。

 

何がどうして、どうなって、こんなふうに繋がったのだろうか。

 

知りたいけど分からない。

 

そして、この縁を人に感じると “運命の人” “運命の相手” と、感じてしまう。

 

1つだけなら、たまたまかも知れないけど、いくつもあったり、深い繋がりを知ると、まさに「運命の人だ!」ってね。

 

本当の運命の相手には、性別も年齢も関係ない。

 

ただ、どうしても「運命の相手」って異性に使っちゃう。

 

普通とは違う驚きやときめきを感じて、 “運命” や “奇跡” と結び付ける。

 

そして、この人との未来をその瞬間から意識する。

 

本当は「この人との出会いで自分の運命が変わった!」とか、「この人とあの出来事があったからこうなれた!」って、思えるのはが運命の相手。

 

その相手には性別年齢は関係ない。

 

縁を感じた瞬間にあなたに訪れたもの

amazing-aww-beauty-bed-favim-com-4835612

 

うそ!

 

信じられない!

 

自分の中だけで激しく振動している感情。

 

これって、まさにその瞬間、あなたにセレンディピティが舞い降りたってことです。

 

セレンディピテとは、素敵な偶然に出会うこと。

 

自分の頭上から、キラキラした星や光が輝きながら降って来る。

 

セレンディピティが舞い降りた瞬間。

 

きっとドラマだったら、素敵に映像化されているはず。

 

ご縁って、あなたにセレンディピティが起きた瞬間。

 

嬉しい驚きが、ピンクのエネルギーを大きく強く出す。

 

ただ、この舞い降りたセレンディピティという縁も、いつもと同じように過ぎ去ってしまう。

 

“本当の運命の相手” にするには、引き寄せの法則をきちんと理解していることで、強く結びつけるすることも出来るのです。

 

だって、そのご縁=セレンディピティを引き寄せたのは、あなただからです。

 

引き寄せた出会いは全てあなたに意味があるから。

 

あなたの深層心理は分かっている。

 

ただ、勘違いしないで欲しいのは、あなたの理解出来る意識(顕在意識)は、自分で引き寄せたことを分かっていません。

 

分かっているのは、あなたが分からない意識(潜在意識)だけ。

 

奇跡や運命を起こせるのは、見えないピンクのエネルギーと分からない意識だけ。

 

おすすめ記事

願望の裏にあるこだわりや執着が自分を苦しめる

引き寄せの法則と潜在意識と顕在意識