始めて会った人なのに、共通する繋がりがあったり、始めて経験することなのに、関わりを感じたりすることがある。

 

この瞬間に見えない縁を感じる。

 

これは、けして ”人の縁” だけではない。

 

出来事でも場所でも物にでも、縁を感じることはある。

 

それが、大きな出来事だったり、深いことだったりすると、より意味深く感じる。

 

何がどうして、どうなって、こんなふうに繋がったのだろうか。

 

知りたいけど分からない。

 

そして、この縁を人に感じると 「運命の人」「運命の相手」 と感じる。

 

1つだけなら偶然かも知れないけど、いくつも共通点があると深い繋がりをより感じる。

 

ただ、本当の運命の相手は性別も年齢も関係ない。

 

それなのに、運命の相手と表現すると異性を示しがち。

 

この人との出会いで自分の運命が変わった!とか、この人とあの出来事があったからこうなれた!って、思える相手が運命の人。

 

縁を感じた瞬間にあなたに訪れたもの

 

うそ!信じられない!

 

自分の中だけで激しく興奮し感激する出来事。

 

これが、あなたにセレンディピティが舞い降りたってことです。

 

セレンディピテとは、素敵な偶然に出会うこと。

 

イメージでは、頭上からキラキラした星や光が輝きながら降って来る感じ。

 

きっとドラマだったら、素敵に映像化されているはず。

 

ご縁を感じること全てが、セレンディピティが起きたと同じ。

 

嬉しい驚きが、ピンクのエネルギーを大きく強く出す。

 

あなたに、セレンディピティが訪れても、何もしなければ過ぎ去ってしまう。

 

引き寄せの法則を理解していると、このセレンディピティな出来事は理解出来る。

 

そして、この出来事を引き寄せたのも自分だと分る。

 

引き寄せた出会いは、全て意味があることをあなたの深層心理は分かっている。

 

ただ、あなたが意識出来る範囲では理解していない。

 

ややこしいですね。

 

奇跡や運命を起こせるのは、見えないピンクのエネルギーと、あなたの無意識な意識だけ。