「辛い恋愛、不倫、復縁、片思いの状況でも、引き寄せ出来るのか?」

 

「辛いこと、嫌なこと、避けたいことを、引き寄せてしまうことはあるのか?」

 

こんな質問を頂くことがあります。

 

「どんなことも引き寄せるのか」という、考え方の意味。

 

引き寄せの概念や定義は、「自分が引き寄せたいと願っていること」に対して働くのです。

 

あなたの「願望」に効果があるのです。

 

「辛いこと、嫌なこと、避けたいこと」を、願うという考え方は、そもそもありませんよね。

 

なので、不安や心配ごとを引き寄せたとは言いません。

 

法則が作用して引き寄せたのではないし、法則の作用はこのように起きないのです。

 

引き寄せの法則は、願っていることを叶える方向に作用するのです。

 

辛い恋愛に作用するのか

復縁、片思い、不倫など、現状辛く苦しい状況の恋愛。

 

この段階では、引き寄せが作用して成就する “奇跡” は、起きません。

 

引き寄せの法則は作用しないということ。

 

引き寄せの世界にある、ルールは作用しないということです。

 

ただし、私達は法則の作用だけで、願望達成させている訳ではありません。

 

引き寄せの法則が作用するのは、ピンクのエネルギーが関係していますので、この段階ではピンクのエネルギーはありません。

 

人間世界のルール+法則の世界のルールは、常に近くに存在していて一部が重なっているのです。

 

過去、不倫の状態でしたが、その後に結婚された方がいます。(アメブロで書いています)

 

この方には、一般的なアドバイスと共に、引き寄せが作用するようなアドバイスをしました。

 

そして彼女は、アドバイスをしっかり守ったのです。

 

暫くしてから「結婚することになりました」と、直接報告をしに来てくれました。

 

通常、グレーのエネルギーに満ちた恋愛には、引き寄せの法則は作用しません。

 

ただ、法則が作用しないからと、全てがアウトということでもありません。

 

それには、私達が生きるこの世界にもルールがあるからです。

 

「浮気して暴力受けて借金作っている夫(妻)と別れたい」

 

こんな苦しい状況の相談にずっと乗っていたら、いつからか不倫関係になってしまった。

 

と、いう状況なら、人として同情する部分も理解出来る部分もあります。

 

不倫=全てが悪ではない。

 

人間として絶対にいけない(許せない)状況からの、スタートではないと思えるのです。

 

不倫は一例ですが、この世界にも神(法則)はいるからです。

 

いけないことにも、いけないレベルがあるからです。(おかしな表現ですが)

 

だた、引き寄せの法則が作用すると、ありえないことにも奇跡は起きます。