「電撃結婚」とは、出会って比較的早い段階で婚姻関係に至ること。

 

きっちりした基準はないと思いますが、「早い!」と感じたら、電撃結婚だと思います。

 

但し、電撃結婚は驚くけど、けして偉くはない。

 

見習った方がよい訳でもないし、参考にする必要もない。

 

電撃結婚にあるのは “衝撃”と “決断力”の速さだ。

 

なぜ、こんなスピードで、意思疎通も不安定な状態で、将来を共にしようと思えるのか。

 

電撃結婚に違和感を覚える人は、きっとこう思うのではないでしょうか。

 

ただ、電撃結婚は片方の思いだけでは成立しない。

 

二人が同時に “この決断” をして成り立つのです。

 

出会った二人が同時にそう思えたってこと。

 

その時、そのタイミングで、出会えたから出来たってことです。

 

温度差があったら出来ないですからね。

 

では、このタイミングは、どうやって掴むのでしょうか。

 

電撃結婚出来る確立が上がる方法

ここにあるのは、タイミングが全てだと思います。

 

出会うタイミング。

 

若い時に出会った二人が、電撃結婚することはない。

 

まずは、普通に恋愛すると思います。

 

子供が出来ちゃっての結婚は電撃結婚ではない。

 

「出来ちゃった」ので、流れを変えるしかない状態になっただけ。

 

やはり、お互いが結婚適齢期を過ぎていて、結婚にやや焦りを感じていたり、もう落ち着きたいという思いがないと始まらない。

 

恋人と別れたばかり、離婚したばかりの人と出会ったとする。

 

ここでも違いがあり、別れたばかりだから暫くは恋愛も再婚もしたくないと思うパターン。

 

反対に、別れたことで、次に出会った人と直ぐに結婚を考えるパターン。

 

直ぐにパターンには、もう落ち着きたい、もうこんな経験をするのは辛いから、「違う形」を選ぼうとするのだと思う。

 

恋愛関係という自由だけど不安定な形ではなく、不自由だけど世間に周知される形態で安心したいのだと思う。

 

出会う年齢と出会うタイミング。

 

そして、早く結婚したいと思っている人が揃っているのが、婚活パーティーや結婚相談所での出会いです。

 

この中から見つける方が、電撃結婚の確立は増す。

 

それと、お見合い。

 

早く結婚したい思いがあっても、バーで出会った素敵な人と電撃結婚出来る確立は低い。

 

ただ、引き寄せの法則の作用には、この確率は関係ない。

 

電撃結婚の確立が低いという考えは人間世界の確立論だから。

 

普通の出会いで電撃結婚したい場合は、結婚に執着がないの方が出来るはず。

 

結婚に執着しているけど電撃結婚したい場合は、結婚の執着を上手に手放しながら、ピンクの傾きを増やすことです。

 

電撃結婚を引き寄せたい人。
参考記事①
参考記事②
参考記事③
参考記事④