自分にとって都合がよく「たまたま」や「偶然」が起きたということは、引き寄せの法則が作用した証拠です。

 

仕事が出来る人、人気のある人、面白い人、素敵な人、おしゃれな人。

 

こんな人が近くにいると、刺激されて真似して、気が付いたらかなり影響されていることもあります。

 

夢を叶えた成功者の話を聞き、真似しているとパワーが湧いてエネルギーが伝染して、自分にも出来るような気がしてきます。

 

「類は友を呼ぶ」

 

自分の周囲にいる人、自分の近くにあるもの、あなたと似ていてエネルギーも近いです。

 

集まる仲間は似ているのです。

 

ニートの中に向上心溢れる仲間はいません。

 

高級マンションの住人も、同じ位の収入があり立場や地位も似ていたりします。

 

全て、どこか似ていて価値観が近いから、いまそこにいて、そこを選んでいるのです。

 

今いる場所も、自分のエネルギーが変われば、違和感を感じ居心地が悪くなり、いずれ自分のエネルギーと近い場所に、近い人がいるところに向かいます。

 

類は友を呼ぶと、引き寄せの法則は似ています。

 

これは、似たものは集まり刺激し合うからです。

 

アメブロで「引き寄せ成功例」を公開するようにしています。

 

これも、読者同士が刺激を受け、ピンクのエネルギーが伝染して、同じような結果が、リレーのバトンのように繋がって欲しいという思いからです。

 

ゴールを間違えない

 

あなたの人生は「結婚すること」だけが、願望でも目標でもないはずです。

 

結婚出来ればそれでいい、他は何も要らない訳ではないですよね。

 

結婚さえ出来たら貧乏でもいい、結婚さえ出来たら趣味は一切しなくていい、結婚さえ出来たら人生の楽しみは今後なくていい、結婚さえ出来たら夫が冷たい人でもいい。

 

こんな事を思う人はいない筈です。

 

結婚は、あなたの願いごとの1つではあるけど、これさえ叶えば他は全て要らないし犠牲にしてもいいという願いではないです。

 

いま、一番叶えたい願いは結婚でも、それはそれとして抱きながら、それ以外の今を、たった1回の自分人生を、少しでも楽しくするために切り替え努力するのです。

 

どんな小さな事でもいいのです。

 

大きなことを、大きな動きや変化を想像しているから、動けないのです。

 

思考の共通点

 

引き寄せの法則を批判否定する人は、みんなコレです。

 

こう突っかかってくるのです。

 

「要は気持ちでしょ」「しょせん不幸って言っても大したことない」「みんな出来るとは限らない」等々。

 

こんなフレーズ聞くと、「出た!」って思う私です。

 

そんなのあたり前なのです。

 

地方の農村で暮らす人と都会のど真ん中で暮らす人、お金持ちの家庭と貧しい家庭、健康な人と病気の人。

 

そしてあなたと私。親子でも夫婦でも違うのです。

 

スタート地点が、いま居る場所が、年齢が、悩みが、目標が何もかも違うのです。

 

よーい、ドン!で、一緒にスタートして、同じペースで進んで、同じように法則が作用して、同時にゴールがあると思っているから、こんな不満になるのです。

 

定義というか根本が、そもそもが理解不足です。

 

自分で自分が出来ることを、小さくても見つけ動くのです。

 

そうしていると、少しずつ法則は芽を生やして来ます。

 

そんな時に「たまたま」や「偶然」の出来事をきっかけに、ことが動き、一気にぐいーんっと引き寄せるのです。

 

この時のあなたは、まだ何も気が付きません。

 

ただ、内面に意識を向けると “何かいい感じ” “何だか好き” “何だか嬉しい” “何だか気持ちいい” な、感覚です。

 

あとは流れが味方してくれます。

 

ちょっとした障害や邪魔にも、「来たか~来ると思った!」って、感じの姿勢でいるのです。

 

ある程度悩んだ後は、ほっておくようにします。

 

あなたのピンクのエネルギーには、どんな困難や試練も負けるのです。

 

どんな出来事も見方ひとつで変わり、考え方ひとつで変わります。

 

良い見方や良い考え方は、良い方向に引き寄せられて行くのです。

 

そして、後で分かるのです。

 

あの時、偶然に・・・

あの時、たまたま・・・ってね。

 

引き寄せの法則を知ったあなたは、もう運がいいのです!