私は前日の夜に「明日やること」を、付箋にメモして置きます。

 

スケジュール帳に書く時は、概要だけですよね。

 

13:00  西麻布 ○○さん ランチ。この程度ですよね。

 

付箋は、もっと具体的に書きます。

 

①2ページ目確認必須
②デスクの電気、番号控える
③郵便時間確認
④お風呂テレビ、修理NO調べる

 

こんな感じで付箋にメモし、終わったら取ります。

 

次の「ちょっと待ったメモ」は、気にしていることや、やらなければいけないこと、頭に入れておく事をメモしています。

 

①冷蔵庫のお掃除
②自転車のかご、破損しているかも
③歯医者探す
④マッサージ機、買う買わない
⑤管理費確認する

 

こんな感じで、明日やるメモの近くに貼っています。

 

不要になったら、付箋を外してずらして行きます。

 

最後の「気にしておくメモ」は、数ヶ月単位でやるべきことをメモします。

 

①車検
②健康診断
③引越し

 

こちらは、具体的なことはまだなので、意識としてワードのみ書いています。

 

毎日触パソコンキーボード上に、必ず見える状態にしています。

 

ポイントは、風景の一部に同化してしまわないようにすること。

 

デスク周りにペタペタ貼った付箋は、大切なことを書いても、いつしか風景の一部になってしまう。

 

なので私は、それを確認しないと、パソコンが触れないようにしています。

 

この中で、一番大事にしていることは “明日やるメモ” です。

 

ちょっと待ったメモと、気にしておくメモは、カレンダーでも賄えるから。

 

でも、明日やるメモは、1つ1つ確実にやらなくてはいけないので達成感を感じられます。

 

出来なかったことは、続きとして、また明日やるメモに入れます。

 

これを、自分の叶えたい願いでもやるのです。

 

願望達成の為に、明日出来ることは何か。

 

小さな1つでいいのです。

 

その1つが繋がるのです。

 

意識して目に触れる習慣を作ると、関係することを引き寄せたりします。

 

引越しをメモしておいて、それを常に目にしていると、引越しに関係するような出来事に繋がります。

 

閉じてしまうノートより、私はこちらが良いと思っています。

 

願いはノートに書けば叶う!?