「愛される女性」と「愛されたい女性」

 

そして、男性にとって「めんどくさい女性」

 

女性は、愛されるより愛したい人が多い。

 

そして、その愛したい思いが、時にはめんどくさい女性に変わってしまう。

 

恋愛観や結婚観って、個人で違うし男女でも違う。

 

あなたは、愛されるより愛したい方ですか?

 

それとも、愛されたい方ですか。

 

自分が愛している方が、幸せな感情が湧きますよね。

 

それに、女性ホルモンがたくさん出て、キレイになると言われるしね。

 

やはり女性は、愛されているより愛している方が、幸せ度が高いのだと思う。

 

ただ

 

今までと、同じように愛していても、同じように尽くしていても、いつからかそれが男性に、めんどくさい女と思われてしまう時がある。

 

この理由は何だろう。

 

愛しているから尽くしている。

 

ただ、それだけ。

 

この時、自分も愛されていると感じているのだろうか。

 

それとも、愛されていないと感じるから、尽くしているのだろうか。

 

愛情って自己基準です。

 

「こんなに愛しているのに!」って言われても、満たされない場合もあれば迷惑な場合もある。

 

与える愛情と受け取る愛情に、温度差が生じ始めると、その瞬間からめんどくさい女に降格してしまう。

 

バランスが崩れる瞬間。

 

愛したいなら、愛さない

 

女性は大多数が愛したい側かも。

 

本能がそうさせるのだと思う。

 

無条件に子供を愛せる母親と、同じような遺伝子を元々持っているのかも知れない。

 

どれだけ男性に愛されていても、自分が好きになれないと、幸せを感じないし満たされないでしょ。

 

いつまでも愛し愛されていたい。

 

理想です。

 

そして、少しでも長く愛されていたいなら、あまり愛さない方がいい。

 

どんなに好きでも、あまり尽くさない方がいい。

 

なーんか、訳の分からないこと言ってますか?

 

これは、男性に向ける愛情を上手に加減するってこと。

 

与え過ぎる愛情や、尽くし過ぎてしまう思いを、自分に使うのです。

 

そして、彼の誘いも全て受けない。

 

先に入っている友達との約束を断って、彼に合わせるなんて最悪です。

 

いつも彼の都合で、直前にしかデートに誘って来ないなんて、あなたを大切に思っていない証拠です。

 

幸せな女性に恋愛至上主義者はいない

favim_com-bokeh-couple-hug-light-love-night-71124

 

どっぷり彼に浸らない。

 

子供の恋愛じゃない。

 

彼と出会って彼と過ごす時間が出来ても、自分の大切な時間や友達との時間は、出会う前と同じように持ち続けないといけない。

 

「俺だけを見て」「友達の約束より俺を優先して」

 

こんなことを要求する男性なんて要らない。

 

未成熟な男の子と、恋愛し結婚するのではない。

 

将来の苦楽を共にする相手を選ぶのです。

 

逆も同じです。

 

女性も気を付けないとダメです。

 

愛されたいなら、あまり愛しすぎない。

 

これは、感情のことを言っているのではない。

 

大好きなままで、あなたの大切な時間や体を、全て彼のためだけに使わないってこと。

 

恋愛期間はなおさらです。

 

結婚したら少し変わるけど基本は同じ。

 

少しでも長く、愛し愛され続ける法則だと思う。

 

関連記事

恋愛と結婚の警告と謎

引き寄せの法則で恋愛や結婚を引き寄せる