努力の根本に「楽」があれば、そこに引き寄せの法則は作用する。

 

引き寄せの作用を、自己基準でハードルを上げ、勝手に叶わないと思い込んでしまう人がいます。

 

小さなシンクロや引き寄せに感謝していると、次はもっと大きくて、もっと分かりやすい結果を本当は連れて来てくれる。

 

幸せのハードルが低いと、ピンクのエネルギーが確実に多くなりハードルを下げて喜んでいると、実際にたくさんの引き寄せが起きていることに気が付くのです。(まだ、意味が分からなくても大丈夫)

 

小さな幸運は当たり前に起きるようになり、それがどんどん大きな結果へと繋がって行くのです。

 

ここに気が付けば、願いが近づいて来ていると、何とも表現出来ないワクワクした気持ちや、ルンルンする感情が勝手に湧いて来ます。

 

よく分からないけど、根拠のない「幸福感」を強く感じるのです。

 

本当に体の中から湧くような「幸福感」を経験出来ます。

 

ケセラセラ精神が最強です

 

何もかもが気分良く、運勢の波に乗っていると、この絶好調がずっと続くと思ってしまう。

 

だだ、やはり残念だけど、絶好調期間が延々に続くことはありません。

 

これも、また当たり前で正常なことです。

 

だからこそ、この逆もあるのです。

 

不運が続いていても終わりは来ます。

 

いま、あなたが不運続きで絶望的に感じていても終わりは来るのです。

 

少しの不調には動じず、来た来た来た!って受け入れる気持ちでいることです。

 

あまり悲観的に深刻にならず、ケセラセラ精神です。

 

心配ごとや悩みごとの大半は、無駄な取り越し苦労だったりするのです。

 

どうなるか分からないことを、いま心配する必要は本当はないのです。(実際は難しいですが)

 

よく分かんなーい!う~ん疲れたー!って、深刻にならず、悲観ぜず、放置してしまうのです。

 

体調が悪い時はさっさと寝ちゃうのです。

 

考えても答えが出ない時は、明日に持ち越すのです。

 

明日になれば良い答えが閃くかも知れないし、運勢は日々流れ変わるのですから。

 

幸せには鈍感で不幸には敏感

 

平凡な毎日があたり前になり、小さな幸せに感謝することは忘れる。

 

大きな幸せだけを求め、それが手に入ったら幸せを実感する。

 

そのくせ、小さな嫌なことには敏感になり、人からの注意や批判には過剰になる。

 

1つのことが思い通りに進んでいないと、何もかもを悲観して、いつまでも同じ話をし同じ愚痴を言っている。

 

最低限の幸せを元々与えられているから、最低限の幸せもない人生なんて分らない。

 

そこが基準になってない。

 

人は得ることより失うことの方が嫌なのです。

 

これに挑戦すれば○○が手に入るより、これに失敗したら○○を失う方が嫌。

 

5万円手に入れるより、5万円失う方を避ける。

 

持っているものは失いたくない。

 

持っているものは失わず、持っていないものを手に入れたい。

 

タダとか無料とかサービスもこれですね。

 

今ある平凡で平和な暮らし、心穏やかでいられる状態のまま持っていない幸せを手に入れたいのです。

 

貪欲で欲張りともいうが、向上心とも野望野心ともいう。

 

表裏一体。

 

そして、引き寄せの法則の作用はこの感情と密に関わる。

 

小さな引き寄せを喜び感謝すると、大きな幸せに繋がっていく。

 

なかなか意識出来ないですが忘れずにいたい。